Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「純平、考え直せ」完成披露上映会の様子。左から佐藤祐基、佐野岳、野村周平、柳ゆり菜、藤原季節、森岡利行。

「純平、考え直せ」野村周平は炎上俳優?柳ゆり菜は「我が道を貫いてる」と称賛

ナタリー

18/8/28(火) 21:39

「純平、考え直せ」の完成披露上映会が本日8月28日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、キャストの野村周平、柳ゆり菜、佐野岳、佐藤祐基、藤原季節、監督の森岡利行が登壇した。

奥田英朗による同名小説を原作に、対立組織の幹部の命を狙う坂本純平が、決行までの3日間を偶然出会ったOL・山本加奈と過ごすさまを描いた本作。野村が純平、柳が加奈を演じたほか、純平が歌舞伎町のコインランドリーで知り合うゲイの男に佐野、純平の先輩・安田正平に佐藤、SNSの住人・草太郎に藤原が扮した。

「こんだけ男臭い役をやったのは初めて」と自身のキャラクターを説明する野村は、「演じておいてこう言うのもなんですが、純平のカッコよさを持つ男性って現代にはあまりいないと思います」と、一人前の男になることを夢見る純平の魅力を語る。柳から「むちゃくちゃなんですけど、純平に通じる魅力を持った方(笑)。我が道を行くというか自分のスタイルを持ってらして、それを貫き通す強さを持ってます」と評された野村は、「基本、褒められないのでうれしい……」とまんざらでもない表情を浮かべ感謝した。

続いて柳は加奈について「人生に退屈している女の子。夢も目標もなく、なんとなく毎日を過ごしてる。それが純平と出会って変わっていくんです。それからの行動にはすごく共感できました」と語り出す。褒められたばかりの野村は、初共演となった柳について「覚悟がすごい。女優としてやっていくことについて、信念を持っている」と真面目なまなざしで話すも、直後「めちゃくちゃいいこと言ったよね?」と柳に詰め寄り笑いを誘った。

物語に言及しながら「純平を中心にSNSが炎上していくんです。こんなに野村周平にぴったりな役はない。炎上がここまで似合う俳優はいないですよ」と話し、観客の爆笑をさらった藤原。野村は「時事ネタを入れてくるんじゃねえ」と笑いながら、「好きで(炎上)してるわけじゃないんだから。つぶやいたらそうなるだけで……」とこぼす。さらに藤原が「でもこの映画が面白いのは、純平の炎上に感化された人たちが実際に行動を起こすところ。家を飛び出したり」と本作の魅力を語ると、野村は「怖いよ! 俺を炎上させてるやつがここまで来たら嫌だ(笑)」と素直な反応を見せた。

最後に森岡が「ぜんぜん違うと言われるかも知れませんが、この映画は僕なりの『ローマの休日』。髪も切るし、ベスパにも乗る。主演の2人が体を張って、魂を込めて演じてくれました。がむしゃらな姿が美しくてカッコいいです。応援、よろしくお願いします」と挨拶し、イベントは幕を閉じた。

「純平、考え直せ」は、9月22日より東京・新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国で順次ロードショー。

(c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play