Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『まんぷく』にも浜野謙太、MONKEY MAJIKら登場 朝ドラ、なぜミュージシャンを多く起用?

リアルサウンド

19/3/7(木) 6:00

 朝ドラ『まんぷく』(NHK総合)が今月末に最終回を控え、物語も佳境に突入。いよいよ朝ドラ100作目『なつぞら』にバトンを渡す時が近づいてきた。

 半年のオンエアを振り返ると、所々にミュージシャンが出演していたのが印象的だ。序盤には白馬・蘭丸に乗って登場し、後に保科恵(橋本マナミ)と結婚するなど、朝ドラに刺激的なアクセントを付けている牧善之介(浜野謙太)。牧を演じる浜野は、ファンクバンド・在日ファンクとして活動しながらバラエティ、ドラマ、映画にも引っ張りだこの状態。『西郷どん』『いだてん』(NHK総合)と大河ドラマへの連投、民放ドラマでも『グッドワイフ』(TBS系)にゲスト出演するなど、俳優として活躍の場を広げている。

【写真】『まんぷく』に出演したミュージシャン

 浜野はもちろんなのだが、『まんぷく』には更に多くのミュージシャンが出演していた。第10週「私は武士の娘の娘!」には、ロックバンド・MONKEY MAJIKから進駐軍の曹長にハリー・ビンガム(メイナード・プラント)、軍曹にジョナサン・メイ(ブレイズ・プラント)とプラント兄弟が登場。ビンガムが流暢な英語を喋り、メイがそれを日本語で通訳する。過去にも福子(安藤サクラ)がホテルに勤めていた際に英語テロップが流れていたことはあったが、朝ドラで軍人が喋る光景はどこか新鮮で、インパクトがあった。プラント兄弟は、カナダ出身の宮城県仙台市在住。同じ仙台出身のサンドウィッチマンとのコラボ曲「ウマーベラス」が記憶に新しいだろう。カナダと日本の“ハイブリッドバンド”として公式にも謳っているように、海外出身で日本在住のバンドマンは現在でも稀有な存在であり、朝ドラ出演というのは話題性的にも十分だ。

 その話題性を増幅させたのが、監視役の軍警察のチャーリー・タナカとしてプラント兄弟と同じタイミングで出演を果たした岡崎体育。タナカは、カリフォルニア生まれの日系人という役柄で、ヘルメットにサングラスをしたどこか異様な雰囲気を持った人物。その大阪訛りの喋り方は、英語を喋っているように聞こえる岡崎の楽曲「Natural Lips」を思い起こさせる。「ストップイットー!」と檻にいれられた萬平(長谷川博己)らに怒号を飛ばしていたタナカだが、萬平らの釈放が決まる頃には「ダネイホン、言うほどマズうなかった」とエールを送り、童謡の「赤とんぼ」を歌う。彼の作風やパフォーマンス性をよく理解した上での、見事な脚本である。

 また、先日MONKEY MAJIKと岡崎体育によるコラボレーション楽曲「留学生」のMVも発表された。テーマは“日本語に聞こえる英語、英語に聞こえる日本語”で、まさに『まんぷく』が生んだコラボと言える。

 第15週「後悔してるんですか?」には、画家である香田忠彦(要潤)の絵画モデル役としてゲスの極み乙女。から、ほないこかが出演。色弱な忠彦が自分の画風を見つけ、“美人画”を描こうと決心したモデルとして連れてきたのが、ほないこかだった。彼女は、女優名義では2017年より、さとうほなみとしていくつかのドラマ、CMに出演してきたが、朝ドラは大抜擢と言えるだろう。その整った顔立ちから“美人すぎるドラマー”と言われるほないこかにとっては、ぴったりの役柄であった。

 もうすぐ100作目を迎える朝ドラの歴史においても、『まんぷく』のようにミュージシャンが多く出演した作品はほかにもある。直近で挙げられるのが、3月末に続編が公開にもなる有村架純がヒロインを務める2017年放送の『ひよっこ』(NHK総合)。みね子(有村架純)の叔父・宗男(峯田和伸)は、以前より俳優としても銀杏BOYZとしても成功していたが、この作品を機に大きく飛躍し、以降『高嶺の花』(日本テレビ系)では石原さとみの相手役を演じ、ミュージシャンとしても2度の日本武道館公演を開催している。さらには、みね子とあかね荘に住んでいた久坂早苗を、ドラムボーカリストのシシド・カフカが演じ、その恋人・片岡龍二をTHE COLLECTORSの古市コータロー。宗男と共にビートルズ来日に興奮していた柏木ヤスハルは、ロックバンド・2の古舘佑太郎が演じていた。これは、自身がパーソナリテイを務めるラジオ番組に『今宵、ロックバーで~ドラマな人々の音楽談義~』(NHKラジオ)とつけるほどの音楽好きで知られる脚本家・岡田惠和の配役が光っている部分だろう。

 今でこそ星野源はドームツアーを開催するほどにスターダムを駆け上っていったが、朝ドラ『ゲゲゲの女房』(NHK総合)に出演した2010年当時は、まだまだ無名だった。ミュージシャンとしては浜野謙太も所属していたインストゥルメンタルバンド・SAKEROCKと並行して、ソロとして1stアルバム『ばかのうた』リリースを控えた頃。大人計画の舞台を中心に、ドラマの役を数多くこなしていたが、世間に知られることになるのは『ゲゲゲの女房』を経て、ずっと先だ。

 『なつぞら』には今のところ、ミュージシャンの配役は見られない。しかし、前例にとらわれない、前倣えに終わることのない配役が、いつだって朝ドラには息づいているように感じている。

(渡辺彰浩)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える