Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

キューブリックが絶賛した伝説のサイコ・サスペンス 『ザ・バニシング ‐消失‐』日本劇場初公開へ

リアルサウンド

19/1/19(土) 11:00

 映画『ザ・バニシング -消失-』が、4月12日より全国公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルも公開された。

参考:『クリード 炎の宿敵』が捉えた『ロッキー』シリーズのテーマ

 本作は、失踪した恋人を捜し、執念と亡霊に取り憑かれたかのように次第に精神を追い詰められていく男と、実生活では善人である犯人が対峙した時、底なしの絶望的なクライマックスへと転落していくサイコロジカル・サスペンス。1988年オランダ映画祭で最優秀作品賞を受賞、その他世界中の映画祭で喝采を浴び、30年を経た現在でも海外映画批評サイトRotten Tomatoesで98%の高評価を獲得している。

 メガホンを取ったのは、『マイセン幻影』『ダーク・ブラッド』のフランス人監督、ジョルジュ・シュルイツァー。1993年にはその手腕を認められ、監督自身の手によってジェフ・ブリッジズ、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック共演でハリウッド・リメイクした。

 そのあまりに絶望的で魅力のあるラストは、『サイコ』『羊たちの沈黙』『セブン』を超えるとの呼び声も高く、巨匠スタンリー・キューブリックが3回鑑賞し、「これまで観たすべての映画の中で最も恐ろしい映画だ」と絶賛。2019年4月、30年の時を経てついに映画ファン待望の日本劇場初公開となる。公開されたポスタービジュアルでは、謎の男の怪しい眼光が1人の女性を捉えている。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む