Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

杉野遥亮、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第6話にゲスト出演 ベストセラー作家の秘書役に

リアルサウンド

19/2/6(水) 7:00

 杉野遥亮が、2月14日放送の竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)第6話にゲスト出演することが明らかになった。

 本作は、法廷ではなくスキャンダルの裏側を舞台にしたノンストップ・エンターテインメント。情報を操作し裏で社会を動かす“スピン・ドクター”を日本で初めて題材にしたオリジナル・ストーリーとなる。

【写真】バスケ選手役演じた杉野遥亮

 竹内演じる主人公・氷見江は、大手の法律事務所で危機管理を専門に、法廷ではなく、パワハラ、セクハラ、名誉棄損、損害賠償をはじめとする多様なスキャンダルや社会的トラブルの裏側を主戦場にする異色の弁護士。ドラマは、そんな氷見のもとにさまざまなスキャンダルの相談が舞い込み、そのスキャンダルを巡って、破天荒すぎるリーガル・チームが情報操作や人心掌握といったさまざまなテクニックを駆使して、時に周囲や世論を振り回し、時に周囲や世論に振り回されながらも大奔走する姿を、Perfumeの一連の作品や星野源の「恋」などを手がけた映像クリエイター・関和亮による斬新な映像で描く。

 第6話で杉野が演じるのは、ベストセラー作家・浮田千代子(真野響子)の秘書・若月礼二。数々の文学賞を総なめする浮田は、住み込みで働く4人の秘書の中でも半年前から働き始めた礼二に絶大な信頼を寄せていた。一方、残りの3人には時に激情し、ある日、ついに堪忍袋の緒が切れた3人の秘書は、礼二を残して浮田のもとを去り、週刊誌にパワハラを受けていたと告発する。

 浮田は躊躇なく氷見たちに週刊誌に書いてあることが事実であると認め、周囲の騒ぎをおさめてほしいと要請。礼二によれば、浮田が厳しく当たるようになったのはここ2カ月程度のことで、本当は優しく穏やかな人間だとのこと。浮田は、礼二の中に秘められた小説家としての可能性を認め、もしも自分が亡くなったら遺産は礼二のような若い才能に使いたいと、氷見たちにこぼす。氷見たちは、礼二にフォーカスをあてた番組を提案。放送後、世論は見事に“スピン”され、騒動は収束しそうな気配を見せる中、礼二が不穏な動きをしていることを氷見が察知する。

■杉野遥亮 コメント
若月礼二を演じさせていただきました。人が人を愛する事、身近に当たり前にある事、その深さがある事を教えていただきました。数日間の撮影でしたが、主演の竹内さんの凛とした姿の中にある責任と覚悟と意志が心強く、刺激的な現場でした。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む