Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から犬飼貴丈、赤楚衛二、武田航平。

「仮面ライダービルド」犬飼貴丈、赤楚衛二、武田航平、最終回で「希望を見つけた」

ナタリー

18/8/26(日) 16:47

「仮面ライダージオウ × 仮面ライダービルド バトンタッチ!平成仮面ライダー20作品記念フェスティバル」のトークショーが、本日8月26日に東京・ベルサール秋葉原にて開催され、「仮面ライダービルド」キャストの犬飼貴丈、赤楚衛二、武田航平が登壇した。

本日最終回の放送を迎えたテレビ朝日系の特撮ドラマ「仮面ライダービルド」。桐生戦兎 / 仮面ライダービルド役の犬飼は「僕が好きなラスト」と同回の感想を述べ、万丈龍我 / 仮面ライダークローズ役の赤楚は「みんなが僕たち(戦兎と万丈)の存在を知らないまま世界は進んで、僕たちだけ記憶が残っている。でも2人でなら楽しく暮らせるんじゃないかなっていう、希望を見つけられた」としみじみ語る。「生きてましたー!」と手を挙げた猿渡一海 / 仮面ライダーグリス役の武田は、最終回での一海について「まさかあんなふうに目がハートになって、鼻から湯気が出ていると思わなかった(笑)」と笑った。

ビルドチームの仲の良さについて言及されると、犬飼は「エグゼイドはどうだったんですか? 僕が見てる限り仲良かったんですけど、僕たちはそれよりも仲良く見えたってこと?」といたずらな表情を浮かべる。「エグゼイドチームは世代が近かったから」と言う赤楚の言葉を聞き、武田は2人と自分の間に線を引いて「それ、ここ(が境目)だろ? 俺とヒゲ(水上剣星)だろ?(笑)」と自虐。犬飼は「30代のおじさんと20代の俺らがTik Tokをやるなんて」と自分たちがInstagramに上げている動画に触れつつ、「俺の陰に隠れて剣星さんのことを一番おもちゃにしてるのは赤楚じゃない?」と赤楚を指さす。そんなチームについて武田は「僕らは基本ふざけていますが、仕事のときの集中力は半端じゃない。楽屋をきれいに使うとか、舞台挨拶で行った地方の映画館でも楽屋のゴミは全部捨てるとか、ごはんを食べに行っても食器をきれいにして帰るとか。そういうことをみんなでやってきました。それが仮面ライダービルドです。どうですか、僕たち!」と説明して拍手を起こした。

ここで、本日製作が発表されたVシネマ「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」の話題へ。2019年初旬に劇場公開、4月24日にソフト発売される本作にて主演を果たす赤楚は、特報映像に登場するセリフにちなみ「万丈は“プロテインの貴公子”になったので、もう筋肉バカじゃないです。ただプロテインが好きなお兄さんです。なので、もう筋肉はつけません!」と宣言する。また犬飼が、未解禁のゲスト出演者に関して「今回のヒロインはお楽しみだね。航平さん、お会いしました?」と言うと、武田は「かわいいっ……。でも、ヒゲが一番惚れてたね」とコメント。3人で盛り上がる中、犬飼は「これ、あんまり言いすぎると美空と紗羽さんに怒られる」と、女性レギュラーの高田夏帆と滝裕可里の反応を恐れていた。

シリーズを通して好きなセリフを聞かれると、武田は一海が幻徳を呼ぶときの名前“ヒゲ”を挙げ「浸透してきたのがうれしい。舞台挨拶でも剣星さんが自己紹介する前に、子供たちが『ヒゲ! ヒゲ!』って(笑)」と回答。赤楚は、万丈の決めゼリフ「負ける気がしねえ!」について「スケジュールが大変で心が折れそうになったときもありましたが、やっぱり『負ける気がしねえ!』って言葉で、がんばらないとという気持ちになれました」と振り返る。そして犬飼は第3話で戦兎が万丈に言う言葉「見返りを期待したら、それは正義とは言わねえぞ」を回想し「桐生戦兎たるものを表しているセリフだと思う。正義のヒーロー感が出ていて、僕は一番好きなセリフです」と話した。

終盤には、ビルドの新作おもちゃを紹介。武田が、これから収録するという「DXグリスブリザードナックル」内のセリフについて「アドリブをどんどん入れていこうかなと。『いいぞヒゲ!』みたいなのも(笑)」と話したほか、発売情報が解禁された仮面ライダーグリスブリザードのS.H.Figuartsに関して「試作品を持たせていただいたんですが、めちゃくちゃカッコいい」とアピールする一幕も。またビルドとグリスのライドウォッチは販売商品であるのに対し、クローズのライドウォッチは「変身ベルト DX ジクウドライバー」の購入者特典であることから、犬飼は赤楚を「クローズは、なんと付いてきますよ! ハッピーセット(おまけ)ですよ」といじる。赤楚は笑いながら「ハッピーセットってなんだよ!」とツッコミを入れた。

最後の挨拶では、赤楚が会場の子供たちへ「ちびっ子のみんな、元気? つらいこともあるけど、万丈の『負ける気がしねえ!』って言葉を思い出して、人生楽しもうぜ!」とメッセージを送る。そして犬飼は「長い長い仮面ライダーの歴史に名を刻むことができてすごくうれしく思います。今日最終回を迎えられたのも皆さんのおかげです」と話し、12月22日公開の「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」、2019年公開の「仮面ライダークローズ」、てれびくん10月号で詳細が明らかになるスピンオフ「てれびくん超バトルDVD 仮面ライダープライムローグ」を紹介して「まだまだビルドをよろしくお願いします」と締めくくった。

なお現在「劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)」が、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン・フィルム)」とともに全国で上映中。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play