Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『風が強く吹いている』OP&EDは登場人物の心情にどう寄り添う? 向井太一とユニゾン楽曲を聞く

リアルサウンド

18/11/12(月) 8:00

 現在放送中のTVアニメ『風が強く吹いている』(日本テレビほか)。直木賞受賞作家の三浦しをんによる同名原作小説は、これまでにコミックや舞台と幅広い分野に進出している。今回のアニメ化には、TVアニメ『ハイキュー!!』シリーズを手掛けた東宝とProduction I.Gが参加。また、本作の題材である“箱根駅伝”を実際に中継する日本テレビともタッグを組んだことで、放送前から大きな注目を集めた。

(関連:fhána 佐藤純一×UNISON SQUARE GARDEN 田淵智也が考える、バンドが“作品とライブで表現すべきこと”

 本作の主人公は、寛政大学に通う1年生の蔵原走(以下:カケル/CV:大塚剛央)。また、彼に学生寮“青竹荘”を紹介した、同大学の先輩である清瀬灰二(以下:ハイジ/CV:豊永利行)のほか、同寮の住人たちも登場。この全員が後に、ハイジのしたたかな策略によって陸上競技部に所属させられる。そして、カケルとハイジを除く大半が陸上競技の初心者にも関わらず、箱根駅伝出場を目指すことになる。

 オンエアも第5話を終え、カケルやハイジの過去も徐々に明らかになってきた。第1話終盤では、ハイジが高校時代に負った右足の古傷についてカケルに打ち明ける。また第4話では、カケルが高校時代、ランナーとしての突出した才能が故に、チーム内で孤立してしまった様子も描かれた。また、同話では当時のチームメイトである榊浩介(CV:河西健吾)にも遭遇。当時よりタイムを落としたことで、榊がカケルを強く攻め立てる場面もあった。物語のテーマである陸上競技によって、カケルとハイジは苦い過去を経験しているようだ。

 そんな彼らの心情に優しく寄り添うのが、向井太一が歌うエンディングテーマ「リセット」だ。同楽曲では、未来への新たな一歩を踏み出すべく、その名の通り過去に“リセット”を掛けようとする強い決意が歌われる。また、静かな夜を思わせる穏やかなR&Bのトラックには、思わずメランコリックな気持ちにさせられるだろう。

 歌詞にも目を向けてみよう。〈走り出せればほら 掴めるから/一度離した 明日へのチケット/この場所から 始まるから/取り戻すため もう一度リセット〉という歌い出しは、カケルやハイジの過去や、競技に対する信念とも重なって聴こえてくる。そこで流れるアニメーションも同様だ。誰よりも夢に対する意志の強いハイジが黙々と走る映像は、アニメ本編や歌詞にもより一層の説得力を与えるだろう。箱根駅伝出場の発起人として、チームを健気に鼓舞する姿も、まるで“明日へのチケット”を手繰り寄せるかのようだ。

 一方、オープニングテーマにはUNISON SQUARE GARDENが歌う「Catch up, latency」が起用されている。同楽曲は、原作小説を読み込んだという田淵智也(Ba)が、“才能の潜在能力”をテーマに制作。Bメロで奏でられるスタッカートをはじめ、彼ならではのキャッチーさを存分に感じ取れるだろう。また、サビでは斎藤宏介(Gt/Vo)のハイトーンな歌声が勢いを増していくなど、どこをとっても爽快さに溢れている。

 先程と同じく、サビの歌詞にも注目すべきポイントが用意されている。〈ジグザグすぎてレイテンシーが鳴ってる それが意外なハーモニーになって/あまりにも不明瞭で不確実 でもたまんない〉という一節には、タイトルにもある「レイテンシー」という単語が登場する。11月6日放送のラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FMほか)では、ゲストとしてメンバーが出演した際、この言葉を「デジタル機材用語で“遅れ”を意味している」と解説する場面もあった。また、陸上競技をはじめ、あらゆるバックグラウンドを抱える青竹荘のメンバー全員が同じ目標を見据えることで、彼らの弱点が徐々に埋められていく様子を表したようだ。

 このマイナスな事項がプラスに変化する構図は、カケルと青竹荘の住人たちからも確認できる。長距離走の経験者であるカケルは、箱根駅伝出場がいかに難しいかを踏まえている。だからこそ初心者チームである青竹荘のメンバーにも、時には強い言葉をぶつけてしまうことがあるのだろう。彼らにとっても、カケルは全く異なる価値観を持った存在として映るのかもしれない。

 しかし、あるきっかけからその心境にも変化が生まれ始める。同話では、榊が青竹荘の住人たちが箱根駅伝を目標とするのを嘲笑った。その際、“王子”こと柏崎茜(CV:入野自由)が、青竹荘の面々を自身の嗜好や価値を認めてくれる存在だと熱弁したことで、カケルもだんだんと心を動かされつつある。一人一人が“レイテンシー”になりえる変わり者だからこそ、彼らが時として一致団結した際には、視聴者もなおさら深い感慨を覚えることだろう。彼らは今後どのようにしてチームメイトと認め合うのか。そして、カケルが秘める胸の内を打ち明ける瞬間にも大きな期待が寄せられる。

 そのまま同楽曲を聴いていくと、〈風なんかは吹いてないのに 何かが頬を通過したのは/風なんかは吹いてないのに 君の心に追いついたせいかな〉という一節に、大きく意表を突かれるはずだ。ここでは『風が強く吹いている』というタイトルとは真逆のフレーズがリフレインされており、UNISON SQUARE GARDENらしい皮肉さを兼ね備えている。このフレーズもまた物語の進行に伴い、今とは違った聴こえ方になるのかもしれない。

 “個人の過去”を歌う「リセット」と、“チームの未来”を予感させる「Catch up, latency」。寛政大学陸上競技部員たちが、箱根の山道を駆け抜ける瞬間まで、どちらの楽曲も彼らに寄り添い続けてくれるに違いない。(青木皓太)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play