Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「凜-りん-」プレミア試写会にて、左から池田克彦、亀田侑樹、石田ひかり、佐野勇斗、本郷奏多、平祐奈、須賀健太、櫻井圭佑。

本郷奏多が後輩・佐野勇斗に「ダークな部分がない」、須賀健太には「シンパシー」

ナタリー

19/1/25(金) 21:20

「凜-りん-」のプレミア試写会が、本日1月25日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの佐野勇斗(M!LK)、本郷奏多、須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、平祐奈、石田ひかり、監督の池田克彦が登壇した。

又吉直樹の舞台脚本を映画化した「凜-りん-」は、神隠し伝説が伝わる村の学校を舞台としたミステリー。純朴な高校生・野田耕太を佐野、東京からやってきた転校生・天童義男を本郷が演じてダブル主演を務めた。

本郷と佐野は同じ事務所の先輩・後輩の関係で、今回が初共演となった。佐野は「事務所に入る前から奏多くんのことを知ってて。ミステリアスな役が多いから本人もそうなのかと思っていたら……違う」と断言。「え?」と驚く本郷をよそに「優しいんですよ!! LINEも交換してくれて。優しい兄貴って感じです」と力説する。本郷は「いい先輩なんてもんじゃないですけど。佐野くんはまっすぐでかわいい子。撮影や宣伝で一緒に過ごしてるけど、一瞬たりともダークな部分が見えないので、本当にいい子なんだろうな」と述べ、「今のところは!」と付け足して不敵に笑った。

須賀は「すごく寒かったんです。だから(ストーブ)ガンガンでマシュマロやお肉を焼いたりして、そこで絆が深まっていきました」と過酷だがにぎやかな撮影の日々を振り返る。「本郷さんのことは昔から存じ上げていたんですけど、共演したことはなかったから楽しみで。撮影の待ち時間に『須賀健太好きだわ』って言ってくださったのがうれしくて」と、同じく子役出身の本郷との初共演に歓喜。すると本郷は「子役出身の人間ってだいたい心がひねくれてるのでシンパシーを感じたんです」と冷静な口調で明かし、「そういうことはないですけど!」と慌てる須賀を楽しげに見やった。

劇中で同級生5人組を演じたキャストのうち、亀田と櫻井はオーディションで役を勝ち取った。衣装合わせの際に共演者を知ったという櫻井は「名だたるキャストの方々だったのでプレッシャーを感じました」と打ち明け、亀田は「2人で一緒に震えながら帰りました。俺らがんばらなきゃって」と述懐。「監督からガツガツ言われて怖かった」「“愛あるご指導”を受けた」と口々に言う2人だったが、池田は「たくさんの俳優の芝居を見て、この映画で一緒にやりたいと思ったのが2人だった」とキャスティングに自信をのぞかせる。

個性豊かな男子高生5人の友情を軸に物語が広がっていく本作。公開日がバレンタインデーに近いことから、平と石田の女性陣は「チョコレートをあげるなら誰?」という質問を司会者から受ける。平はじっと考え込んだのち、隣の須賀に向かって「仏様です!」と回答。劇中で“大仏”というあだ名の役を演じた須賀をはじめ、登壇者たちは一瞬キョトンとしたのち体をよじりながら、平の天然発言に笑い始める。平は言い間違いに気付くと、照れながら「間違えちゃった! (須賀演じる大仏の)ビジュアルがかわいかったし、ほっこりするので。お供えしておけば見守ってくれそう」とほほえむ。また親子役を演じた石田から指名された佐野は「よかったー! 呼ばれなかったらどうしようと思って」と安堵の表情を浮かべた。

「凜-りん-」は2月22日より全国で公開。

(c)吉本興業

アプリで読む