Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ロケに出るビートたけし(左)と国分太一(右)。

ビートたけし、10周年「ニッポンのミカタ!」はないと寂しいカレーの福神漬け

ナタリー

19/3/22(金) 6:00

知的エンタテインメント番組「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)が10周年を迎えるにあたり、出演者のビートたけしと国分太一がコメントを発表した。

2009年4月にスタートし、日本人が知らない“ニッポンの裏側”に潜入してきた同番組。本日3月22日(金)21時からは10周年を記念した2時間SPが放送され、たけしと国分が“最近すっかり見なくなったもの”を残す貴重な現場に出向いたロケの様子が届けられる。

たけしは「10年、本当によく続いたものだと思います。太一くんが司会をして、俺が好きなことを言って終わりですから、こんなありがたい場はない。なおかつお金までくれて、たまにごはんまで食べさせてくれるという(笑)」と感謝。番組を「カレーの福神漬け」に例えて「あと10年はやりたい」と意気込んだ。国分は「ビートたけし生前葬」というテーマで展開された第1回を「たけしさんが横にいて、自分が回さなくてはいけないということで、すごく緊張したことを覚えています」と回想している。

ビートたけし コメント

10年、本当によく続いたものだと思います。太一くんが司会をして、俺が好きなことを言って終わりですから、こんなありがたい場はない。なおかつお金までくれて、たまにごはんまで食べさせてくれるという(笑)。「たけしのニッポンのミカタ!」は注目もされず(笑)、かといって忘れられない、何気なくいるカレーの福神漬けみたいな状態で、ないと寂しいし、あんまりやってもうるせえな、という感じ。何気なくテレビという世界のいろんな番組の中でやっぱりなければちょっとつまんないな、という感じで、あと10年はやりたいと思っています。

国分太一 コメント

第1回の放送をよく覚えていまして、とにかくたけしさんが横にいて、自分が回さなくてはいけないということで、すごく緊張したことを覚えています。たけしさんが素晴らしい人だというのは共演する前からわかっていたんですけど、実際にいろんなテーマをやって、どんなテーマでもなんでもお話できるのは本当にすごいと思います。勉強にもなりますし、どこでこんなことを知ったんだろう、これだけお忙しい方がどれだけ勉強されてるんだろうと思います。この番組は“ニッポンのミカタ”ですから、その「見方」にはいろいろなものがあって、僕らは毎回驚かされています。スタッフの方は本当に大変だと思うのですが、これからもたけしさんと僕が驚くようなものを作ってほしいと思います。

たけしのニッポンのミカタ!「さらば平成 消えゆくモノ&生き残るモノ発掘SP」

テレビ東京系 2019年3月22日(金)21:00~22:48
<出演者>
司会:ビートたけし / 国分太一
ロケゲスト:DJ KOO / 市川紗椰 / ずん飯尾 / 平野ノラ / 森永卓郎

(c)テレビ東京

アプリで読む