Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

笑顔でパフォーマンスする佐藤勝利(Sexy Zone)と平野紫耀(King & Prince)。

「紅白」“キッズショー”リハにセクゾ、キンプリ、AKB48&坂道グループ合同ユニット登場

ナタリー

18/12/30(日) 13:57

12月31日(月)にNHK総合ほかで放送される「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月30日に東京・NHKホールで行われている。この記事では番組内の企画コーナー「夢のキッズショー~平成、その先へ~」のリハーサルの模様を紹介する。

NHKのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント」で内村光良が扮する人気キャラクター“三津谷寛治”のプロデュースによるこの企画。ステージでは紅白出演アーティストがこれまでNHKで放送されてきた子供向け番組の楽曲を歌唱した。「ひょっこりひょうたん島」を歌唱したのはAKB48グループより指原莉乃と柏木由紀、乃木坂46から白石麻衣と生田絵梨花、欅坂46より菅井友香と小林由依。この合同ユニットは「ひょっこりひょうたん島」の人形劇セットをバックに、元気いっぱいに楽曲をパフォーマンスする。6人はセットの人形を興味深げに触るなど、終始リラックスした表情でリハーサルを楽しんでいた。

その後は「LIFE!~人生に捧げるコント」に登場するムロツヨシ、そして大野智(嵐)らが番組「いないいないばあっ!」の楽曲「おひさま ほわわ」を、同アニメのキャラクター・ワンワンや番組「おかあさんといっしょ」内で放送中の着ぐるみによる人形劇「ガラピコぷ~」のキャラクター・チョロミー、ムームー、ガラピコと共に披露。1997年に番組「NHK みんなのうた」で放送されていたV6の楽曲「WAになっておどろう」を歌唱したのは、ジャニーズ事務所の後輩であるSexy ZoneとKing & Prince。彼らはキッズダンサーをバックに歌い、リハーサル中も振り付けを入念に確認する。隣同士の佐藤勝利と平野紫耀は時折笑い合いながら、楽しげに会話を繰り広げていた。

リハーサルの最後には米津玄師が作詞作曲を手がけ、プロデュースも担当する小学生ユニット・Foorinが“〈NHK〉2020応援ソング”の「パプリカ」を歌う。FoorinのバックではSexy Zone、King & Prince、AKB48&坂道グループ合同ユニットが楽しげに踊り、パフォーマンスを盛り上げていた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える