Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『アリー/スター誕生』 (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

レディ・ガガ主演の注目作『アリー/スター誕生』が本日公開

ぴあ

18/12/21(金) 0:00

レディ・ガガが主演を、ブラッドリー・クーパーが出演だけでなく共同脚本と監督を務めた映画『アリー/スター誕生』が本日から公開になる。繰り返し映画化されてきた名作『スタア誕生』を題材に、新たな設定とドラマを盛り込んだ作品で、すでに公開されている地域では高評価が続出。映画賞レースでも候補に名を連ねている。

映画史にその名を残す『スタア誕生』は1937年に生まれた。女優になることを夢見てハリウッドにやってきた女性が、大スターの男性に出会い、スタア街道をまい進するが、対称的に彼女を夢の世界に引き込んだ男は人気が落ちていく物語が描かれた。その後、1954年にはジュディ・ガーランド主演でリメイクされ、1976年には舞台を音楽業界に移して再映画化された。本日から公開になる映画『アリー…』は上記の作品を基にしていながら、まったく新しい展開やドラマが描かれる。

クーパー演じるジャクソンは人気のカントリー歌手だが、ドラッグと酒が手放せず、ステージ上でどれだけ歓声を浴びても満たされない日々を送っている。ある日、ライブ帰りに酒を買おうと入ったバーで彼は圧倒的な歌唱力を誇るアリー(レディ・ガガ)に出会い、彼女が才能に満ちあふれているのにまだ“自分の声”を獲得できていないことに気づく。そこでジャクソンはアリーを半ば強引に自分のステージにあげて共演すると、彼女の才能に観客は熱狂。アリーはスター街道を歩み始める。

ある女性が、スターに出会ったことをきっかけに自身もスターになっていく……というプロットはこれまでの作品を踏襲しているが、『アリー…』では持たざる者アリーがジャクソンに“引っ張り上げられる”ドラマではなく、偶然に出会ったふたりが恋に落ちるストーリーが強調されている。さらにアリーはジャクソンの庇護の下で成長するのではなく、自身の決断と才能でキャリアを積んでいき、ジャクソンは幼少期に負った心の傷や家族との関係に苦しみ、追いつめられていく。

劇中で歌われるオリジナル楽曲はクーパーとレディ・ガガが全面的に参加して制作され、公開前からヒットしており、日本でも年末年始にかけて映画、劇中音楽ともに大ヒットを記録しそうだ。

『アリー/スター誕生』
公開中

アプリで読む