Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

米津玄師(撮影:中野敬久)

米津玄師、ザ・ウィークエンドとの競演に感激「続けているといいことがある」

ナタリー

18/12/20(木) 11:45

米津玄師が、12月18日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催されたザ・ウィークエンドの初来日公演「The Weeknd ASIA TOUR LIVE IN JAPAN」にスペシャルゲストとして出演した。

ザ・ウィークエンドに先立ってステージに現れた米津は、ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-SP900」のCMソングとしてテレビオンエア中の「Flamingo」でライブをスタート。「砂の惑星」や「春雷」などを披露したあと、彼は「チケットを買って来ようと思ったのに、ここに立つことになるという不思議なことになっていて。続けていると本当にいいことがある。世界的なアーティスト、ウィークエンドのライブにお邪魔させてもらえるというのは、これ以上ない光栄なこと。あと数曲、精一杯やって帰るのでお付き合いいただけたらと思います」とザ・ウィークエンドへのリスペクトを語る。そんなMCを経て米津は「Moonlight」や「fogbound」といったR&Bやトラップ調のナンバーで会場を魅了。最後に自身最大のヒット曲「Lemon」を披露し、ザ・ウィークエンドへバトンを渡した。

無数のライトで照らされたステージに登場したザ・ウィークエンドは映画「ブラックパンサー」に使用されたケンドリック・ラマーとのコラボ曲「Pray For Me」でライブの幕を開ける。その後もザ・ウィークエンドは「Starboy」や「Can't Feel My Face」「I Feel It Coming」といった、来日記念アルバム「ザ・ウィークエンド・イン・ジャパン(シングルス・コレクション)」にも収録されている代表曲の数々を惜しみなく披露。ステージを所狭しと動き回りながら、時折「ジャパン!」「トーキョー!」とシャウトして会場を煽った。終盤に披露された「Wasted Times」では「without you」という歌詞を「without you Tokyo」とアレンジ。随所に日本への愛を織り込んだステージを展開し、「The Hills」で初来日公演を締めくくった。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play