Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「活弁シネマ倶楽部」第12回より、藤井道人。

藤井道人、活弁シネマ倶楽部で“プロデューサー・山田孝之”を語る

ナタリー

19/2/15(金) 20:00

本日2月15日21時から放送されるWeb番組「活弁シネマ倶楽部」の第12回に、映画監督の藤井道人が出演する。

「映画を語る」をテーマとする同番組では、映画に携わるさまざまなゲストを迎え制作陣の思いや作品にまつわるエピソードなどを紹介。第12回では、現在全国ロードショー中の「デイアンドナイト」を監督した藤井が、裏話を披露する。藤井は、山田孝之が同作でプロデューサーを務めた経緯について明かし、現場における山田への信頼を「この現場で何が起きていて、何が足りなくて何をすればよくなるかってことを最後尾から冷静に見ている」と語った。また、藤井が薄着で現場にいた際は、山田が彼の防寒具をそろえ、雪かきまでしていたというエピソードも。さらに藤井は6年かけて完成させた本作に関して「自分がこれを撮ったんだと誇りを持って言える映画になった」とコメントした。

そのほか番組では、藤井がプロデューサーとして参加した「LAPSE」についてのトークも。自身が所属する映像レーベルBABEL LABELの監督たちが手がけた本作に関して、「BABEL LABELの監督たちと一緒にどういう作品が作れるか?が製作のきっかけだった」と話した。柳俊太郎らが出演するオムニバス「LAPSE」は、明日2月16日から東京・UPLINK渋谷ほか全国で順次公開される。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

アプリで読む