Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

© ATELIER DE PRODUCTION - SOMBRERO FILMS -FRANCE 3 CINEMA – 2017

仏の移民や社会問題が背景 教師と生徒の交流描く映画『12か月の未来図』

CINRA.NET

18/12/18(火) 20:30

映画『12か月の未来図』が4月6日から東京・神保町の岩波ホールほか全国で公開される。

フランスで社会問題となっている移民の子供たちの学力低下や、教育の不平等を背景にした同作は、監督のオリヴィエ・アヤシュ=ヴィダルがリアルな教育現場を描くために中学校に2年間通って完成させた作品。名門高校の教師だったが突然パリ郊外の教育困難中学に送り込まれたフランソワが、カルチャーショックを受けながらも問題児たちと向き合い、やがて退学処分を受けた生徒を守るために立ち上がる、というあらすじだ。原題は『Les Grands Esprits』。

それまで「生粋のフランス人」を相手してきたため、多様なルーツを持つ生徒たちに戸惑うベテラン教師のフランソワ役にドゥニ・ポダリデスがキャスティング。『ジュリアン』のレア・ドリュッケールも共演者に名を連ねる。監督のオリヴィエ・アヤシュ=ヴィダルは同作で長編監督デビューを飾る。

今回の発表とあわせてポスタービジュアルも公開された。移民など様々なルーツを持つ生徒たちに囲まれるフランソワの姿が写されている。またオリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル監督の来日も決定している。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play