Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

1945年の“戦後”から2020年の“戦後へ 斎藤工×白石和彌『麻雀放浪記2020』特報公開

リアルサウンド

19/1/18(金) 6:00

 斎藤工主演映画『麻雀放浪記2020』の特報映像が公開された。

参考:<a href=”http://www.realsound.jp/movie/2019/01/post-307119.html”>動画はこちら</a>

 本作は、不朽の名作として今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化したもの。映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している主演の斎藤は、10年の歳月をかけて映画化を熱望し、今回ついに念願がかなって実現し、1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を演じる。『凶悪』『孤狼の血』などの白石和彌が監督を務めた。

 原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、そのスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジする。

 公開された特報映像は、戦後、果てしなく焼け野原となった東京を彷徨う“坊や哲”の後ろ姿から始まる。その行く先に映し出されるのは、レンガ造りの建物。看板には「OXCL」(オックス・クラブ)の文字が。タバコの煙が立ち込める中、男たちが博打に命を賭けている様子が克明に描かれる。舞台はモノクロの1945年から2020年へと変わり、そこにサブリミナル的に映し出されるのは、予想を上回る東京の姿。煌々とした光に包まれる謎の闘技場、朽ち果てた2020年東京五輪のポスター、核爆発、死亡事件を報じる新聞記事、未来的な研究所、覚醒するアンドロイドの眼、慟哭する“坊や哲”の姿などが映し出される。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む