Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『更級日記』に着想得た女性作家のグループ展に鴻池朋子、光浦靖子ら12組

CINRA.NET

19/3/24(日) 19:00

展覧会『更級日記考―女性たちの、想像の部屋』が、4月6日から千葉・市原湖畔美術館で開催される。

同展は古典日記文学『更級日記』に着想を得た、女性アーティストたちのグループ展。『更級日記』は平安時代に現在の市原市にあたる上総国に暮らす13歳の少女・菅原孝標女が綴り始めた日記で、宮仕えや結婚、夫の死別など約40年間の半生が歌と共に綴られている。特に源氏物語への憧れを綴った少女時代の描写が特徴的だ。

展覧会では「日記的表現」を出発点に、アート、デザイン、漫画、お笑い、ダンスなど多様なフィールドで活動する12組の女性の表現を紹介。手書きの日記からインスタレーション、映像作品、刺繍、手芸、写真といった幅広いメディアの作品が展示される。

参加作家は碓井ゆい、UMMMI.、大矢真梨子、今日マチ子、荒神明香(目)、鴻池朋子、五所純子、小林エリカ、高田安規子・政子、光浦靖子、矢内原美邦(Nibroll)、渡邉良重(KIGI)。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える