Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「羅生門」より、京マチ子演じる真砂。(写真提供:Daiei / Photofest / ゼータ イメージ)

京マチ子が95歳で死去、大映看板女優として「羅生門」「雨月物語」に出演

ナタリー

19/5/14(火) 18:08

京マチ子が5月12日12時18分、心不全のため東京都内の病院で死去したことを東宝演劇部が発表した。95歳だった。

1924年3月25日に大阪で生まれた京は、1949年に大映に入社し女優デビュー。以来、黒澤明の「羅生門」、溝口健二の「雨月物語」、衣笠貞之助の「地獄門」などに出演し、大映の看板女優として活躍した。これらの作品は海外の映画祭で受賞し、国際女優としても確固たる地位を確立していった。そのほかの出演作には、成瀬巳喜男の「あにいもうと」、市川崑の「鍵」「ぼんち」、小津安二郎の「浮草」、増村保造の「女の一生」などがある。

1971年に大映が倒産して以降は、ドラマ「犬神家の一族」「必殺」シリーズなどに参加。1987年には紫綬褒章、1994年には勲四等宝冠章を授与された。最後の舞台出演は、2006年に上演された橋田壽賀子作、石井ふく子演出の時代劇「女たちの忠臣蔵」となった。

生前の遺志により、石井らの立会いのもと本日14日に密葬が行われた。石井によると、数年前に京自ら手配したハワイの墓に入るとのことだ。石井は「あんなに素敵な大スターはもう出ていらっしゃらないと思います。心の美しい本当に清らかな方でした。寂しいです」とコメントしている。

※記事初出時より、コメントを追加しました。

アプリで読む