Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

神保町花月2月公演「莫逆の犬」通し稽古より。

宮下雄也・大谷麻乃・板尾創路が新たに紡ぐ、田村孝裕「莫逆の犬」スタート

ナタリー

19/2/21(木) 15:52

神保町花月2月公演「莫逆の犬」が、昨日2月20日に東京・神保町花月で開幕した。

今年2019年から、演劇界をにぎわす脚本家や演出家たちと、よしもとの所属タレントと掛け合わせた新たなスタイルの演劇作品を送り出して行く方針を発表した神保町花月。このコラボシリーズの第2弾となる「莫逆の犬」は、田村孝裕のONEOR8が08年に上演した作品で、今回の上演版では主人公の男・一郎役を宮下雄也が演じる。

罪を犯し、自分の父親と彼女に匿われた一郎は、10年のあいだ、桜の木が見える部屋から1歩も出ずに彼女の帰りを待ち続け……。大谷麻乃が彼女の美月役を演じ、父親役を板尾創路、美月の弟・照実役をヒラノショウダイを務めるほか、照実の同僚・圭介役の矢部太郎(カラテカ)らが登場する。

公演は3月3日まで。なお3月には、コラボシリーズの第3弾「おしゃれ紳士の時間泥棒」が上演される。

神保町花月2月公演「莫逆の犬」

2019年2月20日(水)~3月3日(日)
東京都 神保町花月

脚本・演出:田村孝裕
出演:宮下雄也、冨田直美、山口森広、恩田隆一、大谷麻乃、ヒラノショウダイ、西田どらやき(入間国際宣言)、奈良岡にこ / 矢部太郎(カラテカ)/ 板尾創路

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える