Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『VIVA LA ROCK 2019』第4弾出演アーティストにUVERworld、ゲス極、崎山蒼志ら20組

リアルサウンド

19/2/13(水) 12:00

 5月3~6日の4日間、さいたまスーパーアリーナにて開催される音楽フェス『VIVA LA ROCK 2019』の第4弾出演アーティストが発表された。

(関連:『VIVA LA ROCK 2019』第3弾出演アーティストにSKY-HI、CHAI、Nulbarichら25組

 このたび出演が発表されたのは、1年に1度だけライブを行う亀田誠治率いるスペシャルバンド・VIVA LA J-ROCK ANTHEMSをはじめ、赤い公園、秋山黄色、UVERworld、打首獄門同好会、OGRE YOU ASSHOLE、THE ORAL CIGARETTES、オメでたい頭でなにより、折坂悠太、KANA-BOON、ゲスの極み乙女。、Ghost like girlfriend、崎山蒼志、SHADOWS、SCOOBIE DO、ネクライトーキー、never young beach、Bentham、ユアネス、リーガルリリーの20組。これまでの発表アーティストとあわせ、現段階で全80組のパフォーマンスが決定している。なお、『VIVA LA ROCK 2019』のチケットは、4日券、2日券、1日券の全券種の先行販売が2月21日まで行われ、2月23日あさ10時より各種プレイガイドにて一般販売が開始される予定だ。

 また、フェス終演後、さいたまスーパーアリーナ内で朝まで過ごせるスペシャル企画『ALL NIGHT VIVA!』が2年ぶりに復活。400人限定でオールナイトで休んだり遊べたりするという。そして今回は、3月14日ホワイトデーに『VIVA LA ROCK 2019』へ向けたカウントダウンパーティー『KICK OFF VIVA!!! 【恵比寿LIQUIDROOM編】』も開催。出演アーティストは、Creepy Nuts、SKY-HI、THE CHARM PARKの3組となる。

■鹿野 淳(VIVA LA ROCK プロデューサー)コメント
新しい開催にあたり何度も申し上げてきましたが、今回のビバラは新しい挑戦をします。

それはさいたまスーパーアリーナを「スタジアムモード」にして使用することで、今までのSTAR STAGEとVIVA! STAGEのエリアを豪快に一体化させるという仕組みです。

ひと言で言えば、とにかく大きなスペースが生まれるのですが、みんなが知っているさいたまスーパーアリーナは、ほとんどが「アリーナモード」という形で使っているもので、今までのSTAR STAGEのエリアなんです。つまり、さいたまスーパーアリーナをスタジアムモードで使用するエンターテイメントは年間通して非常に少なく、現場の下見ひとつとってもなかなか実現できません。その貴重な下見を丸1日かけて行える機会が先日あり、徹底的に下見とシミュレーションをしてきました。

本当に大きくて、その壮大なスペースのデカさに夢を感じながら、どうステージをセッティングするか、どうアリーナ・エリアを組むか、どういう流れを作るか、いろいろ決めてきました。フェスはスケジュールと場所が一番大事だとずっと思いながらやって来ていますが、同じ場所でも空間の作り方ひとつで全然変わるんです。その変化に前向きに向かい合って取り組むべき様々なことを決め、本当の意味で6度目の新しいビバラが始まったというか、決まったというか、みんなを迎える準備ができ始めたというか、とにかく今、もの凄いスピードでスタジアムモードでのビバラが突っ走っています。

ロックフェスとしての新しい挑戦を是非、体感してください。さいたまスーパーアリーナから新しいロックの夢を、素晴らしいアーティストや音楽と共に快適に描きます!

今回の発表で合計80組の最高な出演アーティスト発表を行うことができました。

そろそろそれぞれの日の音楽同士の化学反応をイメージしてもらえると思います。言うまでもなくロックフェスは様々なアーティスト、バンド、音楽が交錯する場所です。ある人はそこを音楽のカタログとして見るだろうし、ある人はそこにレジャーを感じるだろうし、ある人は生きている実感を得る場所かもしれません。もちろん、どう楽しもうと勝手なのがロックフェスですが、僕ら作る側、お招きする側は、とにかく出演してくれるアーティストや音楽が、いかに化学反応を起こしてくれるか、そしてそれを起こし得る場所であれるかを徹底的に突き詰めながら、当日まで準備を続けます。細かい話、バックエリアでの食べものひとつとっても、そんなことを思い浮かべながら決めていくものなのですが、今年もきっとこのフェスならではの「あの化学反応」が、今までよりも大きくなった空間に鳴り響きます。そして今までよりも便利に往復することができるようになるCAVE STAGEでも、新しいロックの可能性を握りしめた音がぶっ放されると思います。最近流行りのあのフードを取り入れようとかいろいろ進めているVIVA LA GARDEN内のGARDEN STAGEは、よりピースフルな雰囲気の中で様々な笑顔が行き来することでしょう。楽しみにしていてください。アーティスト発表はおそらく、次回が最終発表になると思います。

さらに。さいたまスーパーアリーナ館内で朝まで過ごす「ALL NIGHT VIVA!」が復活します。

1日でも多くビバラを楽しんでもらいたく、ゴールデンウィークはホテルも高いので、さいたまスーパーアリーナで一緒に過ごしませんか?という会場側の協力をいただいた上で実現した、400人限定の企画です。友達とその日のビバラをお酒や食べものと共に振り返ったり、その日ならではのパーティーイベントを楽しんだり、流した汗を洗い流してスッキリしたり(併設しているジムのシャワー施設を一定時間、使用できます)、リクライニング・チェアを倒してじっくり体を休めたり、とにかくたまアリで朝まで過ごせる貴重なアトラクションです。これもスタジアムモードになったことで、今までとは仕様が変わります。新しい「ALL NIGHT VIVA!」、体験したことのない方々にこそ、是非、オススメします。

僕らビバラの新しいサポーター「VIVA LA FORCE」も、本当にたくさんの応募ありがとうございました。

埼玉県内10代限定オーディション「ティーネイジサイタマ2019」はまだまだ絶賛応募受付中です。あなたのロックをビバラに捧げ、新しい挑戦をしてください。

開催までもう3ヶ月を切ってしまいました。あっという間に春、そしてビバラです。最高のあなたと最高のビバラの出逢いを楽しみにしています。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む