Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「マイナス21℃」

ミラ・ソルヴィーノ、遭難した主人公の母演じた「マイナス21℃」を語る

ナタリー

18/7/13(金) 13:00

ジョシュ・ハートネットが主演を務めた「マイナス21℃」より、ミラ・ソルヴィーノのインタビュー映像がYouTubeにて公開された。

雪山でサバイバルを繰り広げた元プロアイスホッケー選手、エリック・ルマルクの実話をもとにした本作。アカデミー賞助演女優賞の獲得経験もあるソルヴィーノは、ハートネット扮するエリックの母親スーザンを演じた。

食料も山岳装備もない中、8日間も雪山をさまよったエリック。ソルヴィーノは映像内で「母親としてこの役を演じるのは、つらく苦しかったわ」と述べ、スーザンとエリックの親子愛について語っている。

「ネイビーシールズ」「ニード・フォー・スピード」のスコット・ウォーが監督を務めた「マイナス21℃」は、7月21日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次ロードショー。

(c)2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play