Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第3回

ひふみんのクラシック入門

将棋とクラシックの微妙な関係〜その2

毎月連載

19/2/15(金)

 モーツァルトの音楽からは元気の良さを感じます。“作曲は元気でないとできない”とモーツァルトが言っていたということを本で読んだことがありますが、この言葉にはまさに納得です。私の将棋に置き換えてみると、これまでに2505回の対局を戦ってきたのですが、いかなる場合にも元気な状態で戦ってきたのです。どの対局の前にも「負けるかもしれない」と思ったことは1回もありません。この気持ちは若い頃から一貫していて、当時の名人に挑戦するような大勝負の際にも「負けるかもしれない」というような気持ちになることはまったくありませんでした。これこそが勝負師向きの性格だと思います。そして、今振り返ってみると、2505回の対局は2505回のコンサートを行ったようにも感じられるのです。

アプリで読む