Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

猪図 岸連山筆 江戸時代・19 世紀 ハーディ・ウィルソン氏寄贈 東京国立博物館蔵 1月2日(水)~27日(日)、本館特別1室にて展示

トーハク恒例の正月企画『博物館に初もうで』開催。等伯の国宝《松林図屏風》もお目見え!

ぴあ

19/1/2(水) 0:00

東京国立博物館では、毎年恒例の正月イベント『博物館に初もうで』が2019年1月2日(水)から1月27日(日)まで開催。新年の干支「イノシシ」にちなんだ作品や名品に加え、新春を華やかに彩るいけばなの展示や、和太鼓、獅子舞など伝統芸能のイベントも催される。

2019年の干支である亥(イノシシ)。食用として人の生に密着していることや、多産であることから豊穣を象徴する存在であり、前に突き進む猛烈な勢いが信奉される場合もあったという。そんなイノシシにあやかり、2019年が勢いのある1年になるよう、イノシシをモチーフにしたさまざまな作品を紹介。岸連山《猪図》や喜多川歌麿による《浮世七ツ目合・巳亥》といった江戸時代の作品から、古墳時代のイノシシの埴輪まで、さまざまな形式で表現されたイノシシが楽しめる。

そしてお正月気分を一層盛り上げてくれるのが、年のはじめを寿く名品。今年は長谷川等伯による国宝《松林図屏風》が2年ぶりに本館で公開されるほか、『古今和歌集』の現存最古の完本である国宝《古今和歌集(元永本)下帖》や、雄大な富士の姿を捉えた葛飾北斎《冨嶽三十六景・凱風快晴》、繊細な蒔絵と螺鈿が施された平安時代の国宝《片輪車蒔絵螺鈿手箱》、仁清絵茶壷の代表作《色絵月梅図茶壺》などが展示される。

さらに、お正月を華やかにお祝いしようと、本館の正門などでは池坊、蔵重伸氏によるいけばなが出迎えてくれるほか、正月2日、3日には本館前で和太鼓や獅子舞などの上演も行われる。

トーハクが誇る日本美術の逸品を味わうとともに、日本の伝統文化も楽しめるお正月イベント。神社の初詣だけでなく、博物館の初詣で日本のお正月を満喫してみては?

関連リンク

東京国立博物館

アプリで読む