Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

けやき坂46、今年はかけがえのない“熱い夏”になる? 『TIF』単独出演に寄せて

リアルサウンド

18/8/2(木) 8:00

 けやき坂46(ひらがなけやき)が、8月3日から5日にかけて行われる『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』(以下、TIF)で、3日のHOT STAGEにてトリを務める。

(関連:けやき坂46はより高いステージへと駆け上がるーー“走り出す瞬間”を体現したツアー最終公演レポ

 ひらがなけやきは、1stアルバム『走り出す瞬間』を携えた東名阪5都市10公演に及ぶツアーを終え、先日『欅共和国2018』に出演。ライブでの経験値の高さから短い出演時間ながらも会場を大いに盛り上げ、その登場時間の物足りなさを発散するかのように、7月28日に北海道いわみざわ公園野外音楽堂キタオンで開催された『SUNNY TRAIN REVUE 2018 ~テレビがフェスつくっちゃいました!~』では全8曲を披露。ツアー以降、大型公演やライブイベントへの出演が続く中での今回のTIFへの出演だ。

 ひらがなけやきが世界最大級のアイドルフェスであるTIFに参加するのは、今回が2度目。昨年は、欅坂の仲間として初登場を果たした。佐々木久美が「私たちは去年、漢字さんのTIFのライブを見てずっと憧れていたので、今日はその気持を存分にパフォーマンスで発揮したいと思います!」(引用:欅坂46がTIFに再登場 ひらがなけやきは初TIFに感慨【TIF2017】(2017年8月5日)/エキサイトニュース)と高らかに宣言した「永遠の白線」、そして今やライブには欠かせないキラーチューンとなった「誰よりも高く跳べ!」を披露し、会場の熱気を上げていった。たった2曲ではあったが、クールな漢字欅とは対照的な明るく元気なグループという色の違いとその存在を世間に自己紹介できたようなライブで、ひらがなの快進撃はここから始まったと言っても過言ではない。そして一回り成長したひらがなけやきが今回、単独でTIFに登場する。武道館公演や単独でアルバムを発売したとはいえ、漢字欅のネームバリューに頼らずに彼女たちの存在はどこまで世間に浸透しているのか。そして、彼女たちの“ハッピーオーラ”が他のアイドルやファンたちにどこまで通用するのかが、今回の出演の見どころでもある。

 TIFの出演直前となる8月1日、ひらがなけやきは新曲「ハッピーオーラ」のMVを解禁した。グループの個性を表すワードとして浸透しつつある“ハッピーオーラ”を冠した、ライブやフェスでの盛り上がり必至な明るい応援ソングだ。さらに、人気・実力・面白さ共にひらがな最強の加藤史帆が遂にセンターを務め、その両脇を、2期生でも各誌面を飾る人気者の小坂菜緒と渡邉美穂が固めるという、今のひらがなけやきを象徴する出し惜しみのない布陣が組まれている。シングルごとに変わっていくセンターもさることながら、今の漢字欅にはない1期生と2期生が融合した体制は、表題曲である漢字欅の「アンビバレント」に対し、まさに色んな意味でアンビバレントである。この新曲も今回のTIFで披露される可能性は高い。

 ひらがなけやきのメンバーたちはツアーが始まる前から、自分たちの“ハッピーオーラ”という個性は漢字欅のクールさがあってこその武器と認識し、さらに“ひらがなと言えばこれ”というものを探せたらと、ハッピーオーラの“その先”を見据えて活動してきた。そしてツアーを終えて得たものは、1期生と2期生の深まった絆だ。『月刊エンタメ9月号』でキャプテン佐々木久美は、舞台『あゆみ』が1期生と2期生の混合で演じられたこと、2チームに分かれての舞台だったことから、本当の意味で20人全員のチームワークが鍛えられたとグループの現況を分析。さらに同誌で、佐々木と加藤が、今年の1月に行われた日本武道館3デイズ公演では2期生がWアンコールに登場できなかったこと、7月10日幕張メッセイベントホールにて行われた『走り出す瞬間』ツアー最終日のWアンコールでは、休業中の影山優佳も参加し、20人全員で「NO WAR in the future」を歌唱できたことにふれ、グループ、そして会場全体が一つになれたのは本当に良かったとも語っている。

 「ハッピーオーラはけやき坂46のモットーなので、けやき坂46のテーマソングになればいいな」と加藤がテレビの取材で語っていたように、「ハッピーオーラ」のMVは彼女たちが妖精に扮し、オフィスでハッピーオーラを振りまくというもの。深い絆でパワーアップしたハッピーオーラを武器に、我々にどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。アイドルにとっては登竜門であるTIFという舞台での初日のトリ、そして彼女たちのことをあまりまだよく知らないアイドルファンも多く足を運ぶフェスというアウェイでのパフォーマンスは、ひらがなけやきにとってかけがえのない“熱い夏”の経験となることだろう。(文=本 手)

アプリで読む