Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Ivy to Fraudulent Gameはバンドの美学を徹底的に追求する Zepp DiverCityワンマンレポ

リアルサウンド

18/7/18(水) 16:00

 4人組ロックバンド、Ivy to Fraudulent Gameが7月1日、東京・Zepp DiverCityでワンマンライブ『Only Our Oath』を開催した。バンドにとって最大規模の会場だったが、My Bloody Valentineの2ndアルバム『Loveless』が鳴り響く中、フロアは満員のオーディエンスがひしめき合っていた。

 客電が落ち、まずは大島知起(Gt)、カワイリョウタロウ(Ba)、福島由也(Dr)の3人がステージに現れ楽器をおもむろにセッティング。遅れて寺口宣明(Gt/Vo)が登場し、まずは昨年春にリリースされた2ndミニアルバム『継ぐ』から「Utopia」でスタート。逆回転ループに導かれ、力強く踏みしめられた4つ打ちキックに地響きのようなシンセベースが絡み合う。ギターの流麗なアルペジオに乗って、寺口がソウルフルに歌い上げると、そのカリスマティックな存在感に圧倒される。続く「水泡」は、ドラム、ベース、ギターがアクセントをずらしながら、まるで点描画のようにフレーズを配置していく。そんな緻密なアンサンブルから一転、サビではすべての楽器が塊となって押し寄せる。セクションごとに目まぐるしく変化する、ドラマティックで映像的なアレンジはIvy to Fraudulent Gameの真骨頂といえよう。

 サスフォーの響きを生かしながら、ざっくりとかき鳴らす寺口のギターから始まる「!」は、緻密なリフを構築する大島のギター、86(ハチロク)のリズムを力強く刻むカワイ&福島のリズム隊が、絶妙なバランスで混ざり合っていく。その多幸感溢れるグルーヴを、眩いばかりの照明がさらに煽り、たまらず両手を上げてそれに応えるオーディエンスの姿が印象的だった。

 「今日は7人くらいしか来ないと思ってたんだけど、結構来てるね」などと、自虐的なジョークを飛ばす寺口。その後も、「本番前は緊張しすぎて、見たことないくらい、メンバーみんな顔が白かったよ。まあ、一番白かったのは俺だけど」と続ける。バンドの美学を徹底的に追求するステージと、そうしたMCとのギャップもまた、バンドの魅力のひとつといえよう。

 4曲目の「error」では、甘く伸びやかな寺口のボーカルと、アクセル全開のドラムが楽曲をグイグイと引っ張っていく。続く「Dear Fate,」は、ギターとベースがハモリながら作り出すリフの響きが、いつまでも耳に焼きついて離れなかった。

 照明を落としたステージに、波の音が響き渡る。トレモロとリバーブを深くかけたギターが幻想的な「she see sea」から、カワイのピアノ弾き語りで始まる「最低」へと進む中盤は、暗闇の中、インダストリアルなビートが徐々に重なっていく様がスリリング。“音楽を続けていくことの難しさ”を赤裸々に歌う「徒労」は、Cocteau Twinsにも通じるような、耽美的なギターサウンドが降り注ぐ。そして、個人的にこの日のハイライトだったのが、『継ぐ』収録の「E.G.B.A.」だ。Sigur RosやMy Bloody Valentineなど、曲作りを担当する福島のルーツが色濃く反映されたアルバムの中でも、それが最も顕著に出ていたのがこの曲。奈落の底へと落ちていくような演奏に、会場からはひときわ大きな歓声が上がった。

 「じゃあ、新曲です聴いてください」そうあっさりと紹介し、アルバム未発表の楽曲を演奏する4人。バックスクリーンに高原の映像を映し出しながら、シューゲイザー的なウォール・オブ・サウンドと、ポストロック的な幾何学アンサンブルを交互に繰り出していく。さらに、「もう1曲サプライズを用意しているんだけど」と言って披露したのは、寺口が初めてバンドのために持ち寄ったという曲。演奏中に寺口が「ちょっと明るすぎるかな」と客席に向かって照れくさそうに語りかけていたのが印象的だった。

 ライブ後半は、駆け上がるシンセのフレーズと、抑揚たっぷりのメロディが特徴の人気曲「革命」や、変拍子が入り混じるプログレッシブな「青写真」などを畳み掛け、1stミニアルバム『行間にて』から「青二才」で本編は終了。アンコールでは、彼らがまだ10代の頃に書いたという「trot」と、美しく叙情的なメロディの「故郷」を演奏し、この日の公演は幕を閉じた。

 「今日で空っぽになっちゃうくらい“今を生きている”と思えたし、今日という日に僕たちを選んでくれた、あなたの前で歌えて良かったです」。本編後半で寺口がそう挨拶した通り、今のIvy to Fraudulent Gameが持てる“すべて”を出し切ったような、密度の濃いステージだった。

(写真=Yusuke Satou)

■黒田隆憲
ライター、カメラマン、DJ。90年代後半にロックバンドCOKEBERRYでメジャー・デビュー。山下達郎の『サンデー・ソングブック』で紹介され話題に。ライターとしては、スタジオワークの経験を活かし、楽器や機材に精通した文章に定評がある。2013年には、世界で唯一の「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン公認カメラマン」として世界各地で撮影をおこなった。主な共著に『シューゲイザー・ディスクガイド』『ビートルズの遺伝子ディスクガイド』、著著に『プライベート・スタジオ作曲術』『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』『メロディがひらめくとき』など。

■関連リンク
Ivy to Fraudulent Game オフィシャルサイト

アプリで読む