Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「4月の君、スピカ。」

福原遥×佐藤大樹「4月の君、スピカ。」4月公開、監督がキャストの“輝き”絶賛

ナタリー

19/1/31(木) 17:00

福原遥と佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE)がダブル主演する「4月の君、スピカ。」の公開日が、4月5日に決定。監督の大谷健太郎からコメントも到着した。

杉山美和子による同名マンガを映画化した「4月の君、スピカ。」は、天文部に所属する高校生3人の関係を描くラブストーリー。高校受験に失敗しスパルタ進学校へ入ってしまった平凡な女子・早乙女星を福原、口の悪い秀才・宇田川泰陽を佐藤、無口な美少年・大高深月を鈴木仁が演じる。

「NANA」などで知られ、杉山原作のドラマ「花にけだもの」も手がけた大谷は「今回のテーマは究極の三角関係。杉山ワールドの真骨頂だと意気が上がりました」と語る。また撮影現場を経て「この映画は天文部のお話ですが、キャストの皆さん、星のように輝いてます。『若い』ということが、どれほど素晴らしい輝きを放っているか、余す所なく撮らせて頂きました」とコメントした。

「4月の君、スピカ。」は東京・新宿ピカデリーやイオンシネマなど、全国の劇場で公開。

大谷健太郎 コメント

自分にとって、杉山先生の原作の実写化は二度目になります。今回のテーマは究極の三角関係。杉山ワールドの真骨頂だと意気が上がりました。
ストーリーは決して難しくありませんが、恋愛と友情の狭間で揺れる高校生の三角関係は、どれほど繊細で複雑であるかを大切にして演出しました。原作ファンだけでなく、映画が好きな大人の方々にも楽しんで観て頂きたいです。
この映画は天文部のお話ですが、キャストの皆さん、星のように輝いてます。「若い」ということが、どれほど素晴らしい輝きを放っているか、余す所なく撮らせて頂きました。

(c)2019杉山美和子・小学館/「4月の君、スピカ。」製作委員会