Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ジェノサイド・ホテル」ポスタービジュアル

インドの同時多発テロ事件が題材「ジェノサイド・ホテル」公開

ナタリー

18/10/8(月) 21:40

インド最大の都市ムンバイで発生した同時多発テロ事件を題材にした「ジェノサイド・ホテル」が、10月13日より特集上映「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」で上映される。

2008年11月26日、世界第2位の人口を誇るインドで多数の死傷者を出した同事件。本作では、特に被害の大きかった高級ホテル・タージマハルホテルでの4日間に焦点を当て、被害に遭った人々の恐怖と絶望を描き出す。監督は本作が長編デビューとなるリアム・ワーシントン。映像美のみならず、極限の緊張感を描くその手腕が高く評価され、バイロンベイ国際映画祭作品賞などを受賞した。

YouTubeで公開中の予告編では、武装集団が無差別にテロ行為を行う様子や、さまざまな人種の人々が逃げ回るさまが生々しく切り取られていく。「お前らは神を冒とくした」とつぶやき、相手の頭に銃を突き付けるテロリストの姿や「生きてここから出るんだ。絶対にあきらめない」という男性のセリフも収められている。

「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で開催。その後、11月10日より大阪のシネ・リーブル梅田でも実施される。

(c)2017 New Realms Films Pty Ltd. All rights reserved.

アプリで読む