Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

By Pip R. Lagenta from San Mateo, San Mateo [CC BY 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons

『世界の中心で愛を叫んだけもの』 SF作家ハーラン・エリスンが死去

CINRA.NET

18/6/29(金) 20:15

作家のハーラン・エリスンが6月28日に死去した。84歳だった。

早川書房のオフィシャルサイトで本日6月29日に掲載された訃報によると、ハーラン・エリスンはアメリカ・ロサンゼルスの自宅で死去したという。

1934年に生まれたハーラン・エリスンは、1949年に初の小説を発表。オハイオ州立大学中退後、1955年にニューヨークへ拠点を移して執筆活動を本格化させ、その後ドラマ『宇宙大作戦』『ルート66』『ヒッチコック劇場』などの脚本も手掛けた。1969年に発表された短編集『世界の中心で愛を叫んだけもの』は、1973年に日本でも刊行された。『世界の中心で、愛をさけぶ』や『新世紀エヴァンゲリオン』最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」など、タイトルを引用した作品も多くある。

早川書房のオフィシャルサイトでは、「華麗な文体を駆使した作風で知られるエリスンは、84年の生涯で1000を超える作品を遺した」と多作ぶりが紹介されている。日本では『世界の中心で愛を叫んだけもの』『死の鳥』『ヒトラーの描いた薔薇』といった短編集の文庫版が早川書房から刊行されている。