Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

舞台「カレフォン」初日挨拶より。左から山崎樹範、戸塚純貴、川栄李奈、廣瀬智紀、柳美稀、鈴木おさむ。

鈴木おさむの新作「カレフォン」廣瀬智紀&川栄李奈が初日に意気込み

ナタリー

18/10/4(木) 17:29

廣瀬智紀と川栄李奈がW主演する舞台「カレフォン」が、本日10月4日に東京・オルタナティブシアターにて開幕。これに先駆けて同日、同会場で初日挨拶が行われた。

本作は鈴木おさむが作・演出を手がけるラブファンタジー。何をやってもうまくいかない派遣OL・結城茜(川栄)の持つ古いスマホが突然鳴り出すと、死んでしまったはずの元彼・藤原駿(廣瀬)が現れ……。キャストには廣瀬と川栄に加え、社長の息子・桐生陸役に戸塚純貴、茜の同僚・花田裕美役に柳美稀、嫌味な上司・玉木健一役に山崎樹範が名を連ね、舞台の劇伴に初挑戦する大塚愛が音楽を担当する。なお丹沢ユウによるマンガ版が、講談社とpixivによるアプリマンガサービス・Palcyにて連載中だ。

本日の初日挨拶には廣瀬、川栄、戸塚、柳、山崎、鈴木が登壇。開幕を前にした廣瀬は「自分たちが『カレフォン』の世界をどれだけお客さんに届けられるのか、ワクワクとドキドキでいっぱいです」と語る。川栄は「(出演者の)5人で和気藹々しつつ、団結しながら稽古してきました。その空気が皆さんに伝わればと思います」と期待を込めた。

戸塚が「原作ファンの方にも楽しんでいただける作品になっている思うので……」と静かなトーンで話し始めると、廣瀬は「いつもの戸塚の元気がない!」とツッコミを入れる。対する戸塚は「ビジネス! ビジネストーク(笑)」と切り返して会場の笑いを誘い、仕切り直すと「5人だからできる舞台になっていると思います!」とアピールした。

今作が初舞台だと明かす柳は「思考回路が停止するほど緊張しています。自分の出せるものを出し切れたら」と意気込む。続く山崎は「柳さんは初舞台ですが、僕は今年に関して言うと、もう5本目の舞台です。ですから多少の温度差はあります(笑)」と発言。川栄はすかさず「先輩!」と山崎にツッコミを入れた。

鈴木は「女性が観に来て泣けるラブストーリーを作りました。昨日のリハで、女性スタッフが“爆泣き”してたので、これは結構いけるんじゃないかな……」と自信をのぞかせると、川栄に視線を送りつつ「1カ月稽古するうちに、川栄さんの心の中に“おじさん”が住んでいるということがわかりました(笑)。その“心の中のおじさん”を捨てて、恋愛を思いっ切りやっていただけたら大成功するんじゃないかと思ってます」とコメント。鈴木の発言を受けた川栄は「今回のキャスト陣は男性が女性っぽくて、女2人が男っぽいんです。だからバランスいいなって思ってます(笑)」と記者たちを笑わせた。

物語の発想について鈴木は「僕は古い携帯電話やスマホを捨てられないんです。結婚する前のガラケーも取ってあって、その中にはやっぱり“恋愛の記録”もあるじゃないですか? なのでそれを物語にできないか、と思ったのが始まりです」と振り返る。記者から「昔の携帯電話が原因で(妻の大島美幸と)揉めるようなことはなかったですか?」と尋ねられると、鈴木は「ないですよ! もし揉めてたら物語にしないです!」と返し、会場を笑いで包んだ。

本作の主題歌「Dear,you」を手がけた大塚について鈴木は「ご結婚されてお母さんになられた大塚さんが描く“少女の歌”を聴きたいなと思ってお願いしたら、二つ返事でOKしていただいて。(「Dear,you」は)素晴らしい曲です。僕らはもう聴いただけで泣いちゃいます」と太鼓判を押した。

稽古中の裏話について川栄が「胸キュンシーンは、山崎さんと戸塚くんが二人で抱きしめ合ったりしながらから『こうしたほうがいいよ?』とアドバイスしてくださいました(笑)」とエピソードを明かすと、鈴木は「主演2人が照れるんです。だから『お手本を見せてくれ』と2人にお願いしまして」と述べ、山崎は「基本的には僕が川栄さん役をやって、『こうしてほしい』と理想の女性像を伝えるのですが、(鈴木)おさむさんからは『それだとコントだな!』と言われました」と苦笑いを浮かべた。

最後に廣瀬は「ラブファンタジーというテーマですが、それ以上に人間ドラマがあります。最近泣いてない方は涙を流していただいて、一歩前に進めるような作品になればと思います」と締めくくった。東京公演は10月21日まで。その後、10月27・28日に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、10月31日に広島・はつかいち文化ホール さくらぴあ、11月3日に埼玉・ウェスタ川越 大ホール、11月6日に宮城・電力ホール、11月11日に北海道・七飯町文化センター パイオニアホール、11月13日に北海道・ わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)を巡演する。

なお本作のBlu-ray / DVDが来年2019年2月27日に発売決定。10月4日に全国の販売店などで予約がスタートする。

舞台「カレフォン」

2018年10月4日(木)~21日(日)
東京都 オルタナティブシアター

2018年10月27日(土)・28日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

2018年10月31日(水)
広島県 はつかいち文化ホール さくらぴあ

2018年11月3日(土・祝)
埼玉県 ウェスタ川越 大ホール

2018年11月6日(火)
宮城県 電力ホール

2018年11月11日(日)
北海道 七飯町文化センター パイオニアホール

2018年11月13日(火)
北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

作・演出:鈴木おさむ
音楽:大塚愛

キャスト

藤原駿:廣瀬智紀
結城茜:川栄李奈

桐生陸:戸塚純貴
花田裕美:柳美稀
玉木健一:山崎樹範

アプリで読む