Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「メアリーの総て」新場面写真

エル・ファニングが“理想的な役柄”と語る、決意をもって臨んだ「メアリーの総て」

ナタリー

18/11/18(日) 18:00

「メアリーの総て」で主演を務めたエル・ファニングのコメントと、本作の新たな場面写真が到着した。

ゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」を、18歳で執筆したイギリスの作家メアリー・シェリーの波乱に満ちた人生を描いた本作。当時「若い女性だから」という理由だけで、あらゆる出版社から書籍化を拒否された同書の初版には、メアリーの名前は刻まれなかった。しかし困難に立ち向かい、最終的に自らの名義で同書を出版させた彼女は、女性として時代と戦った先駆者でもある。

そんなメアリーを演じたファニングは、理想的な役柄だと感じたという。「いろんな意味で、時代のずっと先を行っていた女性を描いている脚本に、とても心を惹かれたわ。でも、これまで誰も彼女の人生を演じていなかったから、かなり緊張して恐ろしさも感じたの」と明かすファニング。「それでも、とびきり特別な物語だから、人々に知ってもらわなければならないと決意した」と強い意志をのぞかせる彼女は、劇中で本格的なベッドシーンにも初挑戦している。

ハイファ・アル=マンスールが監督を務めた「メアリーの総て」は、12月15日より東京・シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

(c)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

アプリで読む