Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

SEKAI NO OWARI新PVに平手友梨奈が出演 「普通の日常」生きる少女に

CINRA.NET

19/2/8(金) 18:00

SEKAI NO OWARIの楽曲“スターゲイザー”のPVが公開された。

“スターゲイザー”は、2月27日にリリースされるSEKAI NO OWARIのニューアルバム『Eye』に収録。PVの脚本は同曲の作詞作曲を担当したFukase(Vo)が手掛け、平手友梨奈(欅坂46)が歌詞にある「普通の日常」を生きる少女役を演じているほか、満月を背景に踊る様子などが映し出されている。ダンスの振付は平手自身が担当。監督はSEKAI NO OWARIの“サザンカ”のPVなどを手掛けた藤代雄一朗が務めた。

PVの完成までには、満月のタイミングや天候、平手のスケジュールなどを含め約1年半を費やしたという。FukaseがPVのストーリーを考える中でイメージする主人公のキャラクターが平手と重なり、出演をオファー。以前NHKで対談していた経緯もあって平手側が快諾し、今回のコラボレーションが実現した。このPVは2月27日に『Eye』と同時リリースされるSEKAI NO OWARIのアルバム『Lip』の初回限定盤DVDに収録されるPV集に収められる。

Fukaseは「脚本は僕が担当し、ダンスの振り付けはご本人にお願いしました。CGみたいに綺麗な月ですが、本物の月です。スケジュール的にも最後のチャンスだった最終日、月と重なる数分しかないタイミング、絶対に失敗出来ないという緊張感の中やって下さった平手さん、ならびにスタッフの皆さんに心より感謝しています。最後のダンスシーンを観たとき、作詞作曲家でありながら言葉にならない気持ちになったのを覚えています」とコメント。

※記事掲載時、タイトル内一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

Fukase(SEKAI NO OWARI)のコメント

本物の月をバックにダンスをしているところを撮りたいという思いから撮影期間がトータルで一年近くかかってしまいました。
ロケ地に行ったのに月が雲で隠れてしまったり、夏は空が明るくてイメージに合わないので撮影が一旦お休みになったりと、自然に振り回された撮影でした。
脚本は僕が担当し、ダンスの振り付けはご本人にお願いしました。
CGみたいに綺麗な月ですが、本物の月です。
スケジュール的にも最後のチャンスだった最終日、月と重なる数分しかないタイミング、絶対に失敗出来ないという緊張感の中やって下さった平手さん、ならびにスタッフの皆さんに心より感謝しています。
最後のダンスシーンを観たとき、作詞作曲家でありながら言葉にならない気持ちになったのを覚えています。
それは心温まるような、恐ろしいような、涙がこぼれるような、そういったものでした。
皆さんも是非ご覧下さい。

SEKAI NO OWARI『Eye』収録内容

[CD]
1. LOVE SONG
2. Blue Flower
3. ANTI-HERO
4. 夜桜
5. Monsoon Night
6. Food
7. SOS
8. Re:set
9. ドッペルゲンガー
10. エデン
11. すべてが壊れた夜に
12. Witch
13. スターゲイザー
[DVD]
『SEKAI NO OWARI 野外TOUR 2018『INSOMNIA TRAIN(スカパー!エディット)』
1. インスタントラジオ
2. Love the warz -rearranged-
3. Error
4. RAIN
5. Hey Ho
6. ANTI-HERO
7. RPG
8. Death Disco
9. MAGIC
10. 炎と森のカーニバル
11. Monsoon Night
12. ラフレシア
13. スターゲイザー
14. スターライトパレード
15. Dragon Night
16. ピエロ
17. Fight Music
※DVDは初回限定盤に付属