Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『節約ロック』KAT-TUN 上田竜也は変顔だけじゃない! 秀逸なナレーションにも注目

リアルサウンド

19/3/11(月) 10:00

 KAT-TUN・上田竜也主演の深夜ドラマ『節約ロック』(日本テレビ系)。硬派な印象が強かった上田が、変顔もいとわない振り切った演技をしていることで話題だ。その思い切りは素晴らしく、思わず「上田竜也、最高かよ」と言いたくなってしまうほどである。

参考:上田竜也の大活躍

 そんな『節約ロック』、3月4日には第7話が放送された。第7話では、今まで堅実で真面目だった稲葉コウタ役のジャニーズWEST・重岡大毅がキャラ崩壊。ぶっ飛んだ演技を見せてくれた。もともと、上田演じるタカオは浪費癖のある貧乏性で破天荒。それが原因になり、恋人のマキコ(藤井美菜)にも振られてしまう。それを機に節約を決意したタカオの前に現れたのが稲葉だ。節約が趣味の好青年である稲葉を最初はライバル視していたタカオだが、徐々に稲葉との間に友情が芽生えていく。そんな時に、怪我をした稲葉が記憶喪失になってしまう。すると、これまでの稲葉とは一転、かなりウザいパリピキャラになってしまっていたのだ。「イナバウアー」「ひょっこりはん」など、パクリギャグも連発。いつもはおマヌケ&おバカキャラのタカオを稲葉がたしなめてるが、今回はキャラが逆転してしまったというわけだ。

 7話ではタカオの変顔がほとんどなかったため、物足りない気持ちを感じた方も多いのではないだろうか。それほどまでに、上田の変顔は衝撃的で癖になる。というのも、これまで上田はある意味KAT-TUNの中でも一番正統派な演技をやってきたからだ。例えば、2017年に放送された『新宿セブン』(テレビ東京系)。主演を務めた上田は歌舞伎町の質屋の店主・七瀬を熱演。ミステリアスでアウトローな役柄は上田にぴったりだった。さらに、『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)では、騒がしいところもあるがアツいチンピラ・鶴田亀吉役を務めている。いずれも、「こういう人いる」と視聴者が共感できるような役を演じてきた。しかも、各キャラクターにも上田の個性が存分に活かされており、違和感なく演技を繰り広げている。

 しかし、『節約ロック』のタカオ役の振り切りっぷりはこれまでにない。上田と変顔があまりにも結びつかなかったため、話題になるのも頷ける。その覚悟は見事だが、個人的にはナレーションのクオリティの高さも評価したいと思う。同作では、タカオのナレーションが多用されているのだ。タカオとしてセリフを発することよりも、ナレーションで心の声を発する方が多いと言っても過言ではない。そのナレーションが秀逸なのだ。タイミングはもちろん、心情によって変える声色もばっちり。「タカオとして話している感」がヒシヒシと伝わってくる。

 また、声だけの演技は一筋縄ではいかない。以前、ベテラン声優の田中真弓氏がインタビューで「声優は俳優の中の仕事のひとつ。声優として望ましいのは、舞台と同じくらい時間をかけて役を掘り下げて演じることですね(引用元:https://www.mag2.com/p/news/132464)」と語っていたことがあった。つまり、上田は通常の演技とナレーションの演技を行っているため、より多くの努力を重ねていると推測される。そして、その努力こそがナレーションのクオリティの高さに直結しているのではないだろうか。

 これまで出演してきた作品は、決して多くない上田。しかし、『ランナウェイ~愛する君のために』(TBS系)をはじめ、その演技は確実に評価を得ている。4月6日からは、世界的ダンスカンパニーによる舞台『ポリティカル・マザー ザ・コレオグラファーズ・カット』への出演も決定。公演開催国のアーティストを主人公に起用するのは世界初、という大抜擢だ。『節約ロック』も後半戦。世界に股にかけて活躍していきそうな上田の演技、そしてナレーションからますます目が離せない。 (文=高橋梓)

アプリで読む