Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『攻殻機動隊』フル3DCGの最新作、Netflixで2020年全世界配信 監督は神山健治×荒牧伸志

リアルサウンド

18/12/8(土) 9:00

 『攻殻機動隊』シリーズ最新作となる『攻殻機動隊 SAC_2045』がNetflixにて全世界独占配信されることが決定した。

参考:<a href=”https://www.realsound.jp/movie/2017/04/post-4722.html”>『ゴースト・イン・ザ・シェル』なぜ賛否両論に? 押井守版『攻殻機動隊』と比較考察</a>

 『攻殻機動隊』は、1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表以来、1995年の劇場版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(押井守監督)、2002年より放送開始されたTVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(神山健治監督)、2013年に劇場上映された『攻殻機動隊ARISE』(黄瀬和哉総監督)、そして2017年に全世界で劇場公開されたハリウッド実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(ルパート・サンダース監督)と、様々な作品群を構成し、作品世界を広げ続けてきた。

 本作ではダブル監督システムを採用し、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズの神山健治、そして『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志の両名を監督に迎え、シリーズ初となるフル3DCGアニメーションで制作される。これまで全ての『攻殻機動隊』アニメーション作品群を制作してきたProduction I.Gと、荒牧伸志監督と共に数々のフル3DCGアニメーション作品を制作してきたSOLA DIGITAL ARTSがタッグを組む。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む