Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Credit: Greg Williams

トム・ヨークの新アルバム10月発売 映画『サスペリア』の音楽集、音源公開

CINRA.NET

18/9/5(水) 11:47

トム・ヨークのニューアルバム『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』が、10月26日にリリースされる。

同作は、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督の新作映画『サスペリア(原題)』のためにトム・ヨークが書き下ろした25曲を収録。トム・ヨークは『サスペリア(原題)』の全ての音楽を手掛けており、アルバムにはインストゥルメンタル曲だけでなく、“Unmade”“Has Ended”“Suspirium”といった自身のボーカルをフィーチャーした楽曲も収められる。

作曲とアレンジはトム・ヨークが担当し、レコーディングとプロデュースはトム・ヨークとサム・ペッツ・デイヴィスによるもの。ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊も参加しているほか、トム・ヨークの息子であるノア・ヨークが“Has Ended”“Volk”でドラムを演奏。“Suspirium”にはパーシャ・マンスロブがソロフルートで参加している。またピアノやボーカルのバラードは「1977年のベルリン」という映画の設定からインスピレーションを受けたクラウトロック風なモジュラーシンセ曲や多層のボーカル、恐怖、憧れ、哀愁を伝えるメロディーが融合された音楽になっているという。

『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』の日本盤は2枚組CDとなり、歌詞対訳と解説書が封入。数量限定でオリジナルTシャツとのセット販売も行なわれる。今回の発表とあわせて“Suspirium”の音源がYouTubeで公開された。iTunes Storeでアルバムを予約すると同曲がダウンロードできる。

『サスペリア(原題)』は、1977年に公開されたダリオ・アルジェント監督による同名映画のリメイク。ルカ・グァダニーノ監督は「14歳で初めて『サスペリア』を観たときから大ファン。自分ならではの解釈で映画化したかった」と同作にかける思いを明かしている。

なお同作は現在開催中の『第75回ヴェネチア国際映画祭』で現地時間の9月1日に公式上映が行なわれ、ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツ、トム・ヨーク、ルカ・グァダニーノ監督がレッドカーペットに登場。上映時には約8分間におよぶスタンディングオベーションが起きる一方で、衝撃的な内容からブーイングも聞こえるなどの反響を呼んだ。日本公開は2019年1月。

トム・ヨーク『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』収録内容

[CD1]
1. A Storm That Took Everything
2. The Hooks
3. Suspirium
4. Belongings Thrown in a River
5. Has Ended
6. Klemperer Walks
7. Open Again
8. Sabbath Incantation
9. The Inevitable Pull
10. Olga’s Destruction (Volk tape)
11. The conjuring of Anke
12. A light green
13. Unmade
14. The Jumps
[CD2]
1. Volk
2. The Universe is Indifferent
3. The Balance of Things
4. A Soft Hand Across your Face
5. Suspirium Finale
6. A Choir of One
7. Synthesizer Speaks
8. The Room of Compartments
9. An Audition
10. Voiceless Terror
11. The Epilogue

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play