Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『F&S』で大瀧詠一曲を矢野顕子、原田郁子、角舘健悟、吉澤嘉代子らが歌唱

CINRA.NET

19/4/20(土) 14:54

音楽イベント『FUJI & SUN'19』の続報が発表された。

5月11日と12日に静岡・富士山こどもの国で開催される同イベントは、「音楽」「映画」「スポーツ」などのジャンルが楽しめるキャンプフェスティバル。会場では音楽のライブに加えて、3種類のスクリーンを使った映画上映、アクティビティー体験、トークショーなどが行なわれる。メインビジュアルのアートワークは伊藤桂司が担当している。

今回発表されたのは、『FUJI & SUN'19』最終日のトリを飾るユニット「林立夫 special session with 矢野顕子 ほか」のパフォーマンス内容とゲスト。ボーカルには矢野顕子をはじめ、角舘健悟(Yogee New Waves)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、原田郁子(クラムボン)、吉澤嘉代子が参加し、大瀧詠一による1970年代初期の楽曲を中心に演奏する。出演者名は「林立夫 special session with 矢野顕子 & Guests~Plays 大瀧詠一 Early 70's Songs and more~」となる。5月11日には林立夫と富士市長の小長井義正によるトークも開催される。

林立夫のコメント

リズムに対するこだわりの深さやトリッキーなのに自然に聞こえる素晴らしいメロディなどなど、現在の日本のPOPSシーンを語る上で欠かす事の出来ない音楽家、プロデューサー、そして人として尊敬する大瀧詠一の70年代初頭の作品を演奏出来るこの機会に感謝してます。気のおけない昔からの仲間で大好きな矢野顕子、小原礼、佐橋佳幸、森俊之に加えて、世代を超えた豪華なゲストの方々と大瀧POPSを通じて、どんな化学反応が起きるか…皆さまご期待ください。

矢野顕子のコメント

残念ながら、わたしは大瀧さんとお会いする機会はありませんでした。でも彼の曲は歌っています。今日も歌います。いい曲は時代なんて軽く超えていくことを、わたしも林立夫もバンドもよーく知っています。