Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「レプリカズ」

キアヌ・リーヴスが家族の命運握るくじに苦悩…「レプリカズ」本編映像が公開

ナタリー

19/5/2(木) 7:00

キアヌ・リーヴスが主演を務める「レプリカズ」の新たな本編映像がYouTubeにて公開された。

本作は突然の事故で家族4人を失った神経科学者ウィリアム・フォスターを主人公とするSFアクションだ。リーヴス演じるウィリアムは、タブーを犯し家族の体をクローン化してよみがえらせることに成功。しかし、資金不足のためよみがえらせることができるのは3人だけと判明する。公開された映像には、蘇生をあきらめる1人を決めるため、ウィリアムが苦悩するさまが捉えられた。家族の名前を書いたくじを作ったウィリアムは、ちょうど現れた相棒のエドに「名前を引け」と迫る。

あわせて、本作を鑑賞した著名人の推薦コメントが到着した。大槻ケンヂは劇中のリーヴスの姿に「ああ、、キアヌさぁん! そういうことしちゃダメですよぉぉ!」と興奮をあらわにし、みうらじゅんは「行き過ぎ出来過ぎ科学に諸行無常の響きあり。キアヌのノンストップ弱り顔ムービー。面白いに決まってる」と称賛している。夏目健太郎、Z級映画評論家の中野ダンキチ、松江哲明のコメントは下記に記載した。

「レプリカズ」は、5月17日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

大槻ケンヂ コメント

ああ、、キアヌさぁん!! そういうことしちゃダメですよぉぉ! 間違いなく出演作最大のピンチだとは思いますけども、それはアカン!!

みうらじゅん コメント

キアヌ映画にハズれなし! 行き過ぎ出来過ぎ科学に諸行無常の響きあり。キアヌのノンストップ弱り顔ムービー。面白いに決まってる。

夏目健太郎(前・午後のロードショープロデューサー)コメント

「シャークネード」のスタッフがその30倍の予算渡され……会議でSF作品作ることになって……あくまで真面目に!
そんな作品です。そんな面白さ、分かります?

中野ダンキチ(Z級映画評論家)コメント

「これでいいのだ!」いや「それでいいのか?」斜めに曲がった家族への愛が突き動かすキアヌの選択に脱帽。いや~誰かに話したい。

松江哲明 コメント

ちょっと懐かしいセンスと倫理観で突っ走るキアヌ。こういうSFに喜々として主演(と製作も)する彼はやはり信頼できる。

(c)2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

アプリで読む