Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「九月の恋と出会うまで」公開記念舞台挨拶の様子。

「九月の恋と出会うまで」高橋一生の“かわいいアドリブ”を川口春奈と監督が絶賛

ナタリー

19/3/2(土) 14:32

「九月の恋と出会うまで」の公開記念舞台挨拶が、本日3月2日に東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストの高橋一生、川口春奈、監督の山本透が登壇した。

本作は、川口演じるOL・志織と高橋扮する小説家志望の隣人・平野の時空を超えた恋を描くラブストーリー。劇中の好きなシーンを聞かれた高橋は、「志織が、けちけち言ってる場面が好きですね。言うたびに、2人の距離が変わっていく感じが好き」と答える。川口が「平野が志織に冷えピタを貼る場面で、前髪を挟まないようにしているぎこちない感じが好き」と話すと、山本は「高橋さんが、前髪をどかすときにアドリブで『失礼します』って言ってるんです。かわいかったんで、聞こえるように音量を上げました」と明かす。川口は「細かいけど平野の性格が見えるし、キュンとしました」と続けた。

山本が「海のシーンは風が強くて、演歌みたいな波が立ってました。風よけをスタッフ全員でやってるのを見てほろっと来た」と回想すると、川口は「一生さんの髪がスーパーサイヤ人になってましたね!」と笑顔で話す。高橋は「ドローンがすごい音を立ててるし、風が強いからドローンが流されないか心配でした」と撮影を振り返った。

次に、1年前の今日がクランクインだったということから、ファーストカットのメイキング映像がスクリーンに映し出される。平野が志織にタイムパラドックスを説明するシーンを鑑賞した高橋は「テーブルが丸いのに気付いて、回りながら説明することやボードを持つことを思いついて。美術さんの作り込みがすごかった」とコメントした。

最後に川口は「一生さんは大人の余裕で包み込んでくれて、私のくだらない話も聞いてくれた。またご一緒できるようにがんばります」と感謝を伝え、「まっすぐな思いがきれいな映画。大好きな人と観に来てください」と作品をアピール。高橋は「この映画を観て“また恋がしたい”と思われる方がいると聞き、これほどこの映画をやらせていただいてよかったと思ったことはないです」と述べ、イベントを締めくくった。

「九月の恋と出会うまで」は全国で公開中。

(c)松尾由美/双葉社 (c)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会