Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『トレース』科捜研のセット完成で錦戸亮が“真野モード”に 小雪&新木優子の合同バースデーも

リアルサウンド

18/12/20(木) 12:37

 2019年1月7日にスタートするフジテレビ1月期の月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』で、舞台となる科捜研のセットが完成しキャストが勢ぞろいした。

 本作は、元科捜研の古賀慶の漫画『トレース~科捜研法医研究員の追想~』を、錦戸亮主演でドラマ化するサスペンス。ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員・真野礼二が、「鑑定結果こそが真実」という信念のもと、闇に葬りさられようとしている真実の欠片を見つけ、亡くなった被害者の想いや無念を明らかにしていく。

参考:『トレース~科捜研の男~』メインビジュアル

 科捜研新人法医研究員・沢口ノンナ役で新木優子、ベテラン刑事・虎丸良平役で船越英一郎が出演するほか、山崎樹範、岡崎紗絵、矢本悠馬、山谷花純、加藤虎ノ介、小雪、遠山俊也、篠井英介らが出演する。

 科学捜査研究所(科捜研)は、一般には公開されていない場所。本作では、レンガをアクセントにしたモダンなデザインを施し、スタイリッシュな研究所が制作された。デスクまわりはいたってシンプルで、錦戸演じる真野のデスクに装飾はなし。クールに真実に向き合う彼の姿勢そのものを表すような雰囲気に仕上がっている。また、リアリティーを求めて、顕微鏡やビーカーなどの小道具は実際に使っている雰囲気そのままに配置。セットに足を踏み入れた錦戸は、すぐに“真野モード”に入り、「ゴンフォネイス・ロムビカとマンガン……」と、検出された成分など専門用語が並ぶセリフを発し、科捜研を訪れた船越演じる虎丸刑事を相手に、捜査方法について意見するシーンに臨んだ。

 また、新木と小雪の“合同バースデー”のセレモニーも実施された。大きなケーキには2人の笑顔の写真がプリントされ、周りにはメインビジュアルにもなっている真野の紫ゴム手袋が。トレースポーズとして今後キーアイテムとなる“ゴム手”ケーキに「うれしー!」「紫の手までついてる!」と2人も大興奮。小雪は「びっくりしました-! まだ撮影に入って2日目ですが、皆さんとともに良い3カ月間になるよう、そして素敵な思い出となるように頑張っていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」とコメント。また、新木は「誕生日当日にお祝いしていただいて、すごく嬉しいです。皆様にお祝いしていただけたので、3カ月もっともっと頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む