Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

窪田正孝の“ヒモ男”っぷりがとにかく憎めない! 『ヒモメン』の可愛らしさに視聴者歓喜

リアルサウンド

18/7/29(日) 14:00

 7月28日より放送の『ヒモメン』(テレビ朝日系)。看護師・春日ゆり子(川口春奈)は爽やかイケメンな恋人“翔ちゃん”こと碑文谷翔(窪田正孝)と同棲している。さぞや楽しい同棲生活かと思いきや、翔ちゃんは“楽して生きたい”をモットーに、全くもって働かないヒモ男だった。ゆり子を好きだと思う気持ちは揺らがない翔ちゃんだが、ゆり子との生活がかかったピンチが訪れても、断固として働こうとしない。そんな清々さを感じるほどの“ヒモ男”を、窪田はのびのびと演じている。

 窪田は若手俳優で随一のカメレオン俳優と呼ばれ、話題作には欠かせない俳優だ。テレビドラマ作品では、『THE LASR COP/ラストコップ』(日本テレビ系)、『僕たちがやりました』(カンテレ、フジテレビ系)、『アンナチュラル』(TBS系)などの話題作に出演。映画では『HIGH&LOW』シリーズや『東京喰種トーキョーグール』など、明るいキャラクターから壮絶な運命を背負わされる役まで演じている。

 窪田の力強い演技は年々迫力を増している。一度見たら忘れられない「顔芸」とも呼ばれる表情の演技は、視聴者の心を掴む。一方で、影のある役を演じる際には、その憂いに満ちた表情からただならぬ色気を感じる。演じる役によって、その表情を豊かに変えていくのが窪田の魅力だ。

 さて今作では、恋人・ゆり子の収入に頼り“働かない”を選んで生きるヒモ男を演じる。ゆり子を背中から優しく抱きしめ、無邪気な顔で「お金ちょーだい」とねだる窪田の姿は、あまりにも純粋無垢である。のんびりマイペースに生きる翔ちゃんに、まんまとゆり子は飲み込まれ、後になって“ヒモ男”と暮らしている現状に気づく。その一連の流れが面白い。窪田が人懐っこい顔でゆり子に甘える姿を見ると、悪気のない素直なその表情に視聴者もゆり子同様、翔ちゃんのペースに巻き込まれてしまう。

 断固として働こうとしない翔ちゃんだが、ゆり子を好きだという気持ちだけは一切揺らがない。第1話では、自分が起こしたトラブルを解決しようとするものの、「ゆり子に捨てられたくない、でも、働きたくない」という翔ちゃんの心を代弁するナレーションが入る。ゆり子の自宅のソファで意気消沈している“ヒモ男”の姿は、視聴者として観る分にはとてもユニークなワンシーンだ。もし、実際に翔ちゃんのような“ヒモ男”に遭遇してしまった場合には、それでも働かない彼に対して、何とも言えない苦々しい空気が流れるのではないだろうか。しかし、窪田が演じる翔ちゃんはとにかく憎めない。「そこまで頑張るなら働いてもいいのでは」と思わせるほど努力すべき方向がことごとく間違っているのだが、「ゆり子が好き」「ゆり子のピンチを助けたい」という思いはひしひしと伝わってくる。彼のヒモっぷりに呆れながらも、“ヒモ男”らしいピンチの切り抜け方を思わず応援してしまうのだ。

 また窪田演じる翔ちゃんの憎めなさは、その潔さにもあるのではないだろうか。ゆり子が看護師をクビになるかもしれない瀬戸際で登場した翔ちゃんは、ハキハキとした物言いでこう言う。

「俺は無職です!」

 その堂々たる発言っぷりに度肝を抜かれる。この台詞を発したときの窪田の目に、一切の迷いがなかった。もちろんオチとしては、堂々と「無職」を発信しすぎた結果、ゆり子から「調子にのるな」とビンタを食らう羽目になるのだが、この正直すぎる翔ちゃんの姿に惚れ惚れしてしまう。この翔ちゃんの潔さが、翔ちゃんを更生したいゆり子の目の前に立ちはだかる障壁となるだろう。

 「顔芸」と呼ばれるほど激しい表情変化はないものの、ダメンズ臭漂う翔ちゃんの表情は見ていて面白い。ゆり子に強く追求される度、目をそらし、適当なことを言って言い逃れようとする表情は、可愛らしくもあり憎たらしさも感じる。お金がかかることに対しては、目を見開き「たっか!!!」と全力でツッコミを入れる。パチンコ屋に姿を消すときには、根拠のない自信を浮かべた彼の表情に、この先のダメな展開が読めて笑いがこみ上げてくる。

 「ゆり子のための時間ならいっぱいあるから」と話す翔ちゃんにゆり子はメロメロだが、冷静になって考えると、この台詞も決してロマンチックではない。しかしリラックスした様子で翔ちゃんを演じる窪田には嫌味がない。冷静になると「時間があるなら働けよ」と言いたくなるところだが、自然体で嫌味のない窪田の演技を見ていると、ゆり子のようについ許してしまう。次回以降も、ゆり子は翔ちゃんに振り回されるのだろう。私たち視聴者も翔ちゃんのペースに飲まれないよう、窪田ののびのびとした演技に見惚れすぎないようにしなければ。

■片山香帆
1991年生まれ。東京都在住のライター兼絵描き。映画含む芸術が死ぬほど好き。大学時代は演劇に明け暮れていた。

■放送情報
『ヒモメン』
テレビ朝日系にて、毎週土曜23:15~深夜0:05放送
出演:窪田正孝、川口春奈、勝地涼、佐藤仁美、YOU、金田明夫、岡田結実、片瀬那奈
ゼネラルプロデューサー:横地郁英
プロデューサー:秋山貴人・河野美里
原作:鴻池剛『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』(MFコミックス フラッパーシリーズ/KADOKAWA刊)
脚本:森ハヤシほか
音楽:井筒昭雄
演出:片山修ほか
制作:テレビ朝日 
制作協力:ホリプロ
(c)テレビ朝日
公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/himomen/