Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『うちの執事が言うことには』 (c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

永瀬廉主演『うちの執事が言うことには』、上流階級の優雅な劇場マナー予告公開

ぴあ

19/4/24(水) 18:00

多くの人々が憧れる“上流階級”を題材に、個性豊かなキャラクターたちが織りなす、同名のミステリー小説を実写化し、King & Prince 永瀬廉の初主演でおくる映画『うちの執事が言うことには』が、5月17日(金)より全国ロードショーされる。この度、本作の劇場マナー予告が公開。あわせて、名門・烏丸(からすま)家の執務室で、永瀬演じる若き当主と、清原翔が演じる、執事・衣更月(きさらぎ)、そして使用人たちが集まるシーンのカットも初公開された。

本作の、永瀬演じる主人公は、日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主・花穎(かえい)。彼は、18歳にしてすでに飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。だが、当主になったばかりでまだ自覚が足りない花穎と仏頂面で新米の執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中、花穎は招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる……。

この度公開された予告編では、「上流階級に学ぶマナー講座」と題し、不本意ながら主従関係を結んでいる花穎と衣更が、「携帯の電源はOFFに」「ご飲食の際は周りの方にご配慮を」など、映画鑑賞の際に気をつけるべきマナーの案内はもちろんのこと、「執事を呼ぶベルは鳴らせません」「執事同伴でもご鑑賞いただけます」など、本作ならではのユーモアあふれるマナーも案内している。

上流階級を舞台に描かれる本作。そのマナーCMを事前に見ることで、優雅な気持ちで映画鑑賞ができるかもしれない。

『うちの執事が言うことには』
5月17日(金)全国ロードショー

アプリで読む