Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「少年たち そして、それから…」出演者。左から宮舘涼太、渡辺翔太、佐久間大介、深澤辰哉、阿部亮平、岩本照、岩﨑大昇、ジェシー、松村北斗、京本大我、森本慎太郎、高地優吾、田中樹。

「少年たち」12人で“桶ダンス”披露、京本大我は「赤ちゃんみたいな身体で」

ナタリー

18/9/8(土) 5:00

ジャニー喜多川の企画・構成・総合演出による「少年たち そして、それから…」が、昨日9月7日に東京・日生劇場で開幕した。

1965年の初演以来、幾度も上演が重ねられてきた「少年たち」シリーズ。今作の出演者には、昨年2017年の「少年たち ~Born TOMORROW~」に続き、SixTONESのジェシー、高地優吾、京本大我、松村北斗、森本慎太郎、田中樹、Snow Manの岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平が名を連ね、さらに東京B少年の岩崎大昇と少年忍者が特別出演。また声の出演に、あおい輝彦が名を連ねている。

開幕前に行われた囲み取材には、SixTONESとSnow Manの12人、そして東京B少年の岩崎が参加。まずは登壇者を代表し岩本が、西日本豪雨や北海道地震の被災者に向け「心よりお見舞い申し上げます。皆様がより早く普通に1日が過ごせるよう、“少年たち”一同心より祈っています」と挨拶。会場での募金箱設置をアナウンスした。

そして、今作の見どころを各々語る出演者の面々。12人の“桶ダンス”や裸でのアクロバットなど、裸のシーンが多いことが今作の特徴として挙げられると、記者から「誰の身体が一番きれいか」と質問が飛んだ。これを受け、全員から一斉に指をさされたのは岩本。岩本は「なんか申し訳ないです」と苦笑しながら、「僕は常に昨日よりも今日、今日よりも明日って感じでグレードアップしていってるので、特に今回に向けて鍛えたわけでは……」と弁解すると、ジェシーが「周りの僕たちが筋トレしちゃうと(岩本が)目立たなくなるので、あえて筋トレしないようにしてます」とコメント。ジェシーは「なっ? なって言っとけ!(笑)」とほかのメンバーに振り、記者たちの笑いを誘った。

一方、「僕は筋トレはまったくしないですね」と語る京本は、「幼児体型なので腹筋が割れないんですよ。諦めて赤ちゃんみたいな身体でお届けしようと思ってます」と宣言し、会見場を笑いで包む。

ジェシーは最後に、「『こういう気持ちだったよ』とか『銃はこんな感じだよ』とジャニーさんから実際の経験を聞いて作った作品です。2幕は戦争の話とか内容がどんどん濃くなっていくので、1幕では刑務所での出来事やパフォーマンスを楽しんでもらえれば。本編が終わったらショータイムで新曲もあるので」と本作をアピール。会見を締めくくった。

上演時間は途中休憩を含む約2時間25分。公演は9月28日まで。

「少年たち そして、それから…」

2018年9月7日(金)~28日(金)
東京都 日生劇場

企画・構成・総合演出:ジャニー喜多川

出演

SixTONES:ジェシー、高地優吾、京本大我、松村北斗、森本慎太郎、田中樹
Snow Man:岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平

東京B少年:岩崎大昇

少年忍者

※17日は岩崎大昇、少年忍者の出演はなし。岩崎大昇の「崎」は立つ崎(たつさき)、高地優吾の「高」ははしご高が正式表記。