Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会 原画:斎藤恒徳 仕上:垣田由紀子 背景:河野羚 撮影:池上真崇

渡辺信一郎×窪之内英策 TVアニメ『キャロル&チューズデイ』来年4月放送

CINRA.NET

18/11/7(水) 18:00

テレビアニメ『キャロル&チューズデイ』が、2019年4月からフジテレビ「+Ultra」ほかで放送、Netflixで世界配信される。

『サムライチャンプルー』『カウボーイビバップ』などを手掛けた渡辺信一郎が総監督を務める同作は、アニメーション制作会社ボンズの20周年とアニメーション映像、音楽制作会社フライングドッグの10周年を記念した作品。人類が火星に移り住んで50年が経とうとしている時代を舞台に、ミュージシャンを目指すキャロルとチューズデイの2人の少女が起こす奇跡を描く。キャラクター原案は『ツルモク独身寮』などの漫画家・窪之内英策、音楽はカナダ人アーティストのMockyが手掛けた。

あわせて第1弾キービジュアル、予告編が公開。さらにシンセサイザー、キーボードメーカーのNordと、ギターメーカーのギブソンとのコラボレーションも決まっており、キャロルのキーボード、チューズデイのギターにはそれぞれNord、ギブソンのロゴが入るという。

渡辺信一郎はこだわりを持って制作しているシーンについて「アニメーションと音楽をいかに融合させるかという事です。演奏シーンはもちろんですが、それ以外の部分でもいかに音楽的なアニメーションを作るか、いや音楽そのものであるようなアニメーションを作りえるか、それを日々試行錯誤しながら作ってます」とコメント。

窪之内英策は視聴者へのメッセージとして「1話目の脚本を読ませていただいた時、ワクワクが止まりませんでした。火星の大都会を舞台に、キャロルとチューズデイの2人が唄声で紡ぎ出すシンデレラストーリー。これからどんなステージで輝きを放つのか、僕もイチ視聴者として愉しみたいです」と述べている。

渡辺信一郎総監督のコメント

『キャロル&チューズデイ』はどのような経緯ではじまった企画か
音楽をネタとして扱うんじゃなくて、音楽そのものをテーマとした作品を作りたいということ。それは、音楽に対する清冽な思いであり、濁りなき衝動であってほしいということ。それを表現できるのは、きっと大胆で未熟で恐れを知らない17歳の女性たちだろうということ。
そんな事を思ってたとこに、ボンズの南雅彦さんとフライングドッグの佐々木史朗さんに声をかけられ、この作品を作ることになりました。
キャラクター原案に窪之内英策を選んだ経緯
企画案を書いた時、この作品のキャラクターはどういう絵にすべきかと考えあぐねました。それで、制作陣にブラインドでかなり沢山の人の絵を見せてもらった結果、たったひとつだけ、これならいけると思えたのが窪之内さんの絵でした。第二候補すらいなかったので、断られたらどうすりゃいいのという感じだったけど、受けてもらえてよかったです。
こだわりを持って制作しているシーン
アニメーションと音楽をいかに融合させるかという事です。演奏シーンはもちろんですが、それ以外の部分でもいかに音楽的なアニメーションを作るか、いや音楽そのものであるようなアニメーションを作りえるか、それを日々試行錯誤しながら作ってます。

窪之内英策のコメント

キャラクター原案に挑戦した感想
キャラクターデザインは脚本が出来上がる前のプロット状態から手掛けていて、人物像がハッキリ見えないままの手探り状態でした。
その状況でも心掛けたのは、脇役も含めてキャラクターそれぞれの人生の背景を感じさせること。
僕の場合、過去や生い立ちなど人物像をしっかり決めないとビジュアルが浮かんでこないので、勝手にイメージを膨らませてキャラクターを創りました。多少暴走気味だったかも(苦笑)
視聴者へのメッセージ
1話目の脚本を読ませていただいた時、ワクワクが止まりませんでした。
火星の大都会を舞台に、キャロルとチューズデイの2人が唄声で紡ぎ出すシンデレラストーリー。
これからどんなステージで輝きを放つのか、僕もイチ視聴者として愉しみたいです。