Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

田中圭

「田中圭24時間テレビ」で田中圭がドラマ“生”撮影、鈴木おさむに「ドSすぎ」

ナタリー

18/9/27(木) 4:00

田中圭24時間テレビ」がAbemaTVで放送決定。出演者の田中圭と、企画・演出を手がける鈴木おさむが、9月26日に東京都内で囲み取材に応じた。

12月15日から16日にかけて放送される「田中圭24時間テレビ」は、田中が24時間生出演する特別番組。“24時間でドラマは出来るのか!?”をテーマに、全24シーンのドラマを24時間で撮影していくさまを生中継する。各シーンには1人ずつゲストが出演。終盤には23シーン目までの編集済み映像を再生したのち、田中がラストシーンの芝居を生披露する予定だ。鈴木とともに、マンガ家の東村アキコが脚本を執筆する。

取材の場で初めて番組の全容を知らされた田中。率直な気持ちを問われると「言っていいかわからないですけど……いやあ、受けなきゃよかった(笑)」と答える。さらに田中は、オファーを受けた経緯を「『もう俺のことはほっといてくれ』と思ってたときだったので、普通に『やだ』という気持ちで。でもおさむさんの企画だと聞いて、無条件で『じゃあやりたいです』となりました」と振り返る。いざドラマの内容を聞かされると「東村さんとおさむさんって、もう最悪のドSコンビなので……どうしよう」と身震いしていた。

本企画を「圭くんじゃないとできないと思った」と豪語する鈴木。東村とはすでに打ち合わせをしているそうで、田中が本人役で出演するドラマについて「圭くんのどういうシーンを観たいか考えています。子犬を抱いてほしいとか、暗殺者に撃たれてほしいとか(笑)。こんなシーンが観たい!という意見があればTwitterに書いてくれれば、僕、検索しますから」「あと、完成しない場合もありますので(笑)。無謀かつ斬新な企画になっています」と話す。おびえる田中に対して「(24時間のうちに)お腹すくじゃないですか? お風呂入りたいじゃないですか? どうぞやってください。全部撮影しますから」と声をかけた。

ゲストには事前に脚本を渡すつもりだが「圭くんには(渡すのが)けっこうギリでもいいかな」という鈴木の発言を受け、田中は思わず声を上げて笑う。「セリフを覚えるのが速い、演技もうまい、ゲストと合わせるのもうまい。僕は田中圭という役者のポテンシャルを理解しているので、それを世の中に知らしめたい」と言われ、田中は「発言がドSすぎますよ……」とプレッシャーを感じている様子。また取材中には、田中が「長ゼリフはほんっとうに嫌です! でも、覚えるの速いので(笑)。24時間ずっと集中していることはないと思うので、たまたま集中しているときに長ゼリフをやって『すげえカッコいいじゃん、田中圭!』ってところを見せられたらいいな」と自信をのぞかせる場面も。しかし鈴木が「ワンシーン2分くらいを想定していますが、ラストに長ゼリフが……」と話し始めると、田中は「今、ラストって言っちゃったじゃないですか! 一番集中力ないときですよ!」と嘆いた。

来てほしいゲストについて質問されると、人見知りを自称する田中は「とりあえず……頼む、知ってる人が来て!という気持ちです。仲がいい方で、お芝居がうまくて、頼りがいがある……吉田鋼太郎さんとか。あとは事務所の先輩なんだから出ろよ、小栗旬!みたいな(笑)。思いっ切り先輩たちの胸を借りたい。僕よりもすごい長ゼリフをやってもらって、『カッケー!』って言おう」と計画を立て始める。俳優だけでなく芸人やミュージシャンも呼びたいという鈴木が「ミュージシャンと歌ってるシーンとか観たいもんね」と言うと、田中は「僕が歌うんですか!? あはは! 怖いこの人!」と返した。

楽しみな点と不安な点を聞かれ、田中は「ドラマを作る過程に興味がある人たちに対して、その大変さや面白さをお見せできるということが唯一の楽しみで、あとは全部嫌です(笑)」と回答。それを見て笑う鈴木は「最初はぜひ嫌がっていていただきたい。でも最後、ちょっと感動しちゃうんじゃないか?みたいな部分が楽しみです。不安な点は何もないです!」と断言し、田中から「おかしいでしょ!」とツッコミを受けた。

田中圭24時間テレビ

AbemaTV 2018年12月15日(土)、16日(日)

アプリで読む