Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「映画刀剣乱舞」完成披露上映会より、左から廣瀬智紀、定本楓馬、和田雅成、荒牧慶彦、鈴木拡樹、北村諒、岩永洋昭、椎名鯛造、耶雲哉治。

「映画刀剣乱舞」廣瀬智紀の趣深い話とは?鈴木拡樹は弓でドローン射抜く

ナタリー

18/12/28(金) 12:23

「映画刀剣乱舞」の完成披露上映会が昨日12月27日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀、そして監督を務めた耶雲哉治が登壇した。

歓声の中、タキシード姿で現れたキャストはステージ上でそれぞれの衣装をイジり合う。山姥切国広役の荒牧が真っ白なタキシードを着用していることに対し、へし切長谷部役の和田が「すごく気になる! 1人だけ紅白意識しちゃったみたいな」とツッコミを入れると、三日月宗近役の鈴木も「楽屋で『汚し入れたほうがいいんじゃない?』って言ったんだけど……」と乗っかる。これを受け荒牧は「こんな真っ白なタキシードを汚すなんて、もってのほかじゃないですか!」と反論。骨喰藤四郎役の定本が、兄弟刀である薬研藤四郎役を演じた北村と同じタキシードであることを明かすも、当の北村は気付いていなかったようで、「バッタバタで楓馬のタキシードを見る余裕もなかった! 今ちゃんと見たよ!」と驚きの声を上げた。

鈴木は撮影を振り返り、「舞台と違って、映画の撮影ではセットが360度広がっていたり、砂利道では戦いづらかったり……いろいろなことを初めて体感しました」と述懐。今作で初めて「刀剣乱舞」シリーズに参加した日本号役の岩永が、撮影初日に自身が使用する槍を折ってしまったことを明かすと、和田が「あのとき、地獄みたいな表情をしていて怖かった(笑)」と答えて会場の笑いを誘った。

「趣深い話していいですか?」と切り出したのは、鶯丸役の廣瀬。廣瀬は、本作のキャスト情報が解禁になった日を回想し、「ブログをさかのぼっていったら、解禁日のちょうど1年前の日に『ウグイス』っていうタイトルの日記を書いてたんですよ。『ウグイスを見付けたよ』っていう内容だったんですけど、『これ、メジロだよ』というコメントが付いてました」と面白エピソードを披露してキャスト陣を爆笑させる。また北村と不動行光役の椎名は、衣装が半ズボンだったことが原因で、撮影現場で虫に刺されたと苦労話を明かした。

撮影中の印象的な出来事を問われた和田が「僕らがお腹を空かせているだろうと思って、拡樹さんがお菓子を持ち歩いてくれてたんですよ」と答えると、荒牧も「夜の現場ではホッカイロを持ち歩いてさまよってるんです。それで、撮影がストップした瞬間に、僕やきたむー(北村)に『寒いよね、寒いよね』と配ってくれて」と続ける。2人のコメントを受け、鈴木は「後半では自分でもネタにしてましたからね、“お菓子配るおじさん”って。隙あらばお菓子を配ってやろう、みたいな(笑)」と笑顔を見せた。

最後に鈴木は、本作の撮影で多数のドローンが使用されたことに触れ、「最後の最後のシーンで、弓でドローンを射抜いてしまいました。まさに“大ヒット”しております(笑)。そんな大ヒットの願掛けがありますので、大ヒットしてほしいですし、失ったドローンを取り返すためがんばりたいと思います」とコメント。そして監督の耶雲は「皆さんの熱で『映画刀剣乱舞』という刀剣を鍛えていただいて、最高なものにしていきたいなと思っています」と観客に呼びかけ、イベントを締めくくった。

「映画刀剣乱舞」は1月18日より全国ロードショー。

(c)2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 (c)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える