Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『グリーンブック』はアカデミー賞作品賞にふさわしかったのか? 批判される理由などから考察

リアルサウンド

19/3/8(金) 10:00

 第91回アカデミー賞の栄えある作品賞に選ばれたのは、黒人の天才ピアニストと粗野な白人用心棒が、人種差別が根強い1960年代のアメリカ南部を巡業しながら友情を深めていく、コメディー調の感動作『グリーンブック』だった。

参考:『グリーンブック』が作品賞受賞! 第91回アカデミー賞は“変化へのためらい”を象徴する結果に?

 ところどころに笑いの要素を散りばめながらも、同時に人種差別の理不尽さや愚かしさが描かれていく、娯楽性と進歩的な内容が高く評価された本作だが、これがアカデミー賞作品賞に選ばれたことに、じつは不満の念を示す声も少なくない。

 同じ受賞式においても、アカデミー賞作品賞を争った『ブラックパンサー』の主演俳優チャドウィック・ボーズマンは結果に対して不快感を態度で表し、今回アカデミー賞脚色賞を受賞した、アメリカで人種差別についての映画を撮る代表的存在であるスパイク・リー監督も、本作が作品賞を受賞すると受賞会場からすぐに退席しようとした記者に対しては『グリーンブック』のことを控えめに「自分の好みではない」とコメントしている。

 それにしても、なぜこんなことになったのか。本作『グリーンブック』は、本当にアカデミー賞にふさわしくない作品だったのだろうか。ここでは本作の内容を振り返りながら、この状況に至った理由と、作品の価値について考えていきたい。

■リボンをつけたピーター・ファレリー映画

 本作が賞に絡むような、上質さを備えた作品であることは確かだ。驚かされるのは、これが『ジム・ キャリーはMr.ダマー』(1994年)や、『メリーに首ったけ』(1998年)など、いままでお下劣コメディー映画を手がけてきたピーター・ファレリー監督・脚本作であるということだ。本作は落ち着いたトーンによって、いつもの過激ギャグを抑え、控えめなバランスでドラマが描かれていく。普段は権威から全く無視されている、悪ふざけが絶えないファレリー作品であっても、きれいなリボンをつけてやれば、アカデミー賞を獲得できるのだ。これは、かなり皮肉な事実ではある。

 だが、さすがファレリーだと思うのは、社会的に際どい要素を扱いながらも、ギャグが冴えていて、ちゃんと笑えるところだ。本作では、実在の天才ピアニスト、ドン(ドナルド)・シャーリー(博士号を取得していることから“ドクター”とも呼ばれる)が、人種差別が横行していた南部を巡業し、用心棒としてイタリア系白人の運転手トニー・”リップ”・バレロンガ(ミドルネームは口が達者なことからの愛称)を雇う。トニーは豪快な人物で、車を停めては道端で小用を足すのだが、自分よりはるかに金持ちの主人が財布の中の金銭を盗むのではないかということを警戒して、わざわざ財布を持って外に出るのである。あまりのことに、あっけにとられるドンの表情が傑作だ。

 ここでは、「黒人の多くは財布を盗む」という、ひどい偏見・差別が背景にあることが示唆されているのだが、その後、トニーが売店の商品をくすねる描写を入れることで、実際に物を盗んだのは白人の方だったというオチをつけ、深刻な要素が含まれるギャグをスレスレのところで成立させている。このような手際は、コメディーを撮り続けてきたことで体得できる、ハリウッド娯楽作品ならではの達者さとして、とくに評価できる部分である。

■特異な登場人物が差別の実態を際立たせる

 タイトルにもなっている「グリーンブック」というのは、アフリカ系アメリカ人の旅行者向けのガイド本のことである。当時のアメリカ南部はジム・クロウ法によって、時代錯誤的で露骨な人種隔離が盛んに行われていた。公共の乗り物やホテル、トイレ、映画館など、黒人は白人とは別の施設や入り口や席を利用しなければならなかった。そんなガイド本が存在するというだけでも差別的だが、差別が当たり前になっている社会においては、アフリカ系アメリカ人の助けになるようなものであったことは事実ではあるだろう。

 ドン・シャーリーは博士号を持ち、その才能も業績も広く評価され、カーネギーホールの上の階に住むような高所得者である。それにも関わらず、当時のアメリカ南部の多くの街で、彼はグリーンブックに載っているような劣悪な環境の宿泊施設にしか泊まれず、皮肉にも自分が雇っているトニーの方が良いクラスのホテルや部屋が用意されるのである。挙げ句の果てに、プランテーションを経営する白人の大地主は、ドンを邸宅に賓客として招き演奏させながら、屋敷の外に置かれた使用人のトイレを使うことしか許可しないという、信じがたいほど失礼な対応をする。

 お金を持っていたり社会的地位があっても、そして白人であるトニーが物をくすねたりゴミのポイ捨てをすることを注意するような、高潔な精神を持っていたとしても、肌の色が違うというだけでこんな目に遭ってしまうのだ。ドンは旅の途中で、農園で働いているアフリカ系の貧しい人々から思わず目を離せなくなってしまう。彼がもしこの農園の子どもとして生まれていたら、どんなに才能があったとしても世に出ることは叶わなかっただろうし、ここで奴隷同然の日々を過ごすしかなかったかもしれない。ドン・シャーリーという並外れた存在が、ここでは差別というものの浅ましさを分かりやすく暴き出していく。

 そして、当初はアフリカ系の人種に差別意識を持っていたトニーも、ドンのことを手伝うなかで、お高くとまっているように見える彼の優しい人間性に触れると同時に、周囲の理不尽な仕打ちを目にすることによって、差別というものが合理的な意味の無い醜悪なものだと気づき、差別主義者だった自分自身の愚かしさにも気づいていく。

■『グリーンブック』の何が批判されるか

 このようにドンとトニーの人間性を描きながら、本作は娯楽的な手法によって人種差別を批判するテーマを観客に伝えていく。人種問題を大きな枠組みで捉えるというよりは、あくまで人間と人間の個人的な問題ととらえることで、それぞれが敬意を払い合い融和していくことの重要性が、無理なく語られている。たしかに進歩的で正しいと思える内容である。これのどこが悪いというのか。

 この問題を考えるには、第62回アカデミー賞作品賞を受賞した『ドライビング Miss デイジー』(1989年)を例に出すと分かりやすいかもしれない。白人の老婦人(ジェシカ・タンディ)と、彼女を運ぶアフリカ系の専属運転手(モーガン・フリーマン)の間に芽生える、人種の垣根を越えた友情を描く物語で、『グリーンブック』と非常に似た構造の作品である。この『ドライビング Miss デイジー』、作品賞を獲りながら、じつは『グリーンブック』同様、アフリカ系アメリカ人などを中心に、批判された経緯のある作品だ。そして、運転手役を演じたモーガン・フリーマンに至っては、アフリカ系の一部から非難されるほどだったという。

 その理由は、アフリカ系アメリカ人の立場に立って考えることで分かってくる。言うまでもなく、そもそもアフリカ大陸の人々を奴隷としてアメリカへと運び、非人道的な労働をさせ、人間以下の扱いをしてきたのは、他ならぬアメリカ白人の権力者たちである。奴隷は人権を剥奪され長年の間過酷な労働を強いられ、奴隷主や民衆に虐殺されることもあった。そして奴隷制度が廃止されてから現在に至るまで、差別は残り続けている。

 ごくごく簡単に振り返ってもこれだけの悲劇的な歴史があるなかで、「差別は良くない」という単純なメッセージは、被害の歴史を背負う人々にとって軽く聞こえないだろうか。差別が良くないのは多くの人々が同意するところだが、差別がいま現在もはびこっていることこそが問題だというのが、現在のアフリカ系アメリカ人の感覚なのではないだろうか。あくまで個人の物語として描かれている本作の物語だが、それをアメリカの黒人差別の悲劇の歴史と完全に切り離すことは無理だろうし、接続されているがゆえに、それが心温まる物語として成立してしまうことに違和感が生じる人がいるというのは仕方のないことかもしれない。

■アカデミー賞作品賞にふさわしかったのか

 今回のアカデミー賞で助演女優賞を獲得した、バリー・ジェンキンス監督作『ビール・ストリートの恋人たち』は、作品賞のノミネートには至らなかった。その劇中では、黒人の登場人物が「白人は悪魔だ」とはっきり言う場面がある。この作品では、マジョリティである白人の登場人物ががいい格好をするようなシーンはまるで存在しない。

 『グリーンブック』は黒人と白人のキャラクターを魅力的に描く、融和をうながす公平な映画で、『ビール・ストリートの恋人たち』は、一方を悪魔的に描くことで人種間の対立を煽る映画に見えるかもしれない。しかし社会の実態を勘案したうえで、被差別側からの視点で見ると、前者は現実の問題に遠いものと映るのは理解できるし、それがアメリカ文化を代表するアカデミー賞を受賞するということに嘆息するという気持ちも想像できる。

 とはいえ、トランプ政権になって以降、差別的な政策やヘイトクライムの増加を見せる現在のアメリカにおいて、『ビール・ストリートの恋人たち』が広く理解を得られるかというと、難しい部分もあるかもしれない。その点で、分かりやすく「差別はいけない」ということを語っている『グリーンブック』は、それがある程度の保守性を持っているがゆえに、そのメッセージは差別者にすら届き得る可能性が大きいともいえる。そう、かつての黒人のためのガイドブックとしての「グリーンブック」が、それ自体の問題を背負いながらも社会を暫定的に良くする役割を担っていたように。文化の力において、アメリカを立て直していくという意味においては、『グリーンブック』こそアカデミー賞にふさわしい作品だということもいえるのではないだろうか。(小野寺系)

アプリで読む