Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

嵐 大野智、幼稚園の頃の“初恋エピソード”明かす「先生のうなじをずっと触ってた」

リアルサウンド

19/3/31(日) 11:40

 3月30日の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)では、「安達祐実記念館」「斎藤工とパンデスマッチ」が放送された。

(関連:嵐のメンバーが困惑する松本潤の“大きな独り言” 大野智「あんまり話さないでくれる?」

 「安達祐実記念館」では、幼少期のギャラのほとんどを母親が家のリフォームや、ヴィトンのバックに当てていたという事実が明らかに。「初めての買い物」というお題で嵐メンバーにも話が振られると、大野智は「俺、ジーパンかな、原宿で」と答え、二宮和也が「カリスマですもんね」と持ち上げる。続けて、大野は「昔は赤のズボ……パンツ?」となぜか言い換え、櫻井翔から「当時はネックレスもしてました」とコメントされると、「してた、してた。こうしてたもん」と前髪を掻き上げる仕草を見せ再び二宮が「かっけぇ! カリスマですもんね!」と囃し立てた。

 幼稚園の頃、レギュラーで出演していた番組のADに恋をした安達。しかしある日、母親から「この人が今日からお父さんよ」と、そのADがお父さんになったというエピソードから、「嵐の初恋」の話題へ。口ごもるメンバーに櫻井が「オフィシャルの話はどうでもいいから」とどうにか引き出そうとすると、相葉雅紀が幼稚園の思い出として「その当時はモラルもクソも何にもないから。お昼寝の時間があって、電気が消されてカーテンが閉められて、寝静まった時にコソコソ行っちゃうの。『起きて』って」と明かすと、安達をはじめとした収録メンバーから「怖っ」というリアクション。隣にいた松本潤も「今はやんないでしょ?」と確認をした。大野は「先生が好きだった。先生のうなじをずっと触ってた」とゆっくりとしたジェスチャー付きで明かすと、今度は相葉が「俺より怖いですよ」と指摘した。

 堀越高等学校では松本とクラスメイトだった安達。現在は安達が37歳、松本が35歳で学年は違うが堀越の芸能コースはホームルームが一緒のため、朝礼や昼ごはんは3学年一緒だったという。松本はホームルームの席替えをした時に、隣が安達だったことがあり、「『うわっ! 安達祐実だ』と思ったもん」と明かし、安達も「なんとなく松本さんが入学する前に『あいつ、来るよ』みたいな感じの噂が広がってて、来た時に『松潤だ』と思いましたもん」と当時を振り返る。この話に櫻井も「3年生にしたら超大型ルーキーの年」とコメントすると、安達が「MJ来たなと思いましたもん」と話し、すかさず松本が「呼ばれてない!」とツッコミを入れた。

 次回4月6日の放送では、「嵐 VS 小泉孝太郎」「松本潤のTHIS IS MJ 山﨑賢人&吉沢亮参戦」「千原兄弟記念館」「進め! 大野丸」がオンエア予定だ。(向原康太)

アプリで読む