Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ボヘミアン・ラプソディ」

「ボヘミアン・ラプソディ」表題曲のレコーディング風景収めた本編映像が解禁

ナタリー

18/10/16(火) 12:00

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の本編映像の一部が、YouTubeにて解禁された。

イギリスのロックバンド、クイーンとそのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描く本作。クイーンのギタリストであるブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーが音楽面でのエグゼクティブプロデューサーを務めた。劇中で流れるクイーンの楽曲には、主にマーキュリー自身の歌声が使用されている。

映像に収録されているのは、映画のタイトルにもなっている楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」のレコーディング風景。同曲は、アカペラやバラード、オペラ、ハードロックとさまざまな音楽形式が組み込まれた複雑な楽曲だ。本編映像では、ハイトーンでコーラスを重ねるテイラーに対して、ラミ・マレック演じるマーキュリーがもっと高音を出すように要求する場面を観ることができる。後半には、同曲のライブシーンが収められた。

ブライアン・シンガーが監督を務めた「ボヘミアン・ラプソディ」は、11月9日より全国でロードショー。

(c)2018 Twentieth Century Fox