Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から、「バイオレンス・ボイジャー」舞台挨拶のMCを務めたバッファロー吾郎・竹若、ココリコ田中、宇治茶監督、安斎レオプロデューサー。

ココリコ田中「バイオレンス・ボイジャー」は宇治茶監督色200%、再タッグ約束

ナタリー

19/4/20(土) 17:32

「島ぜんぶでおーきな祭」の3日目となる本日4月20日、沖縄・首里劇場にて映画「バイオレンス・ボイジャー」の舞台挨拶が行われ、ボイスキャストのココリコ田中、監督の宇治茶、プロデューサーの安斎レオ氏が登壇した。

アニメーションと劇画を融合した“ゲキメーション”という手法で制作された本作は、宇治茶が監督、脚本、キャラクターデザイン、作画、撮影、編集すべて1人で担当。娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”に迷い込んだ2人の少年が恐怖のアトラクションに巻き込まれていくさまを描く。

会場となった首里劇場は60年の歴史を持つ映画館。古めかしい客席シートや昔のポスターが貼られた壁など、レトロで独特な雰囲気が漂う。かつて芝居も上演していたというステージも残されたままで、そのステージに登壇したMCのバッファロー吾郎・竹若は「『バイオレンス・ボイジャー』の世界観に合ってますね。無事に帰れるんやろうかっていう気分になる(笑)」とコメント。田中も「いい雰囲気。作品と相まって、何が起こるかわからないような」とこの場所ならではの特別な上演を味わった様子だった。

宇治茶が3000枚の絵を描き、自宅で自らその絵を動かし撮影して完成した同作。安斎氏は「実は2017年の沖縄国際映画祭(島ぜんぶでおーきな祭)で『もうすぐできるバイオレンス・ボイジャー』っていう(イベント)をやったんです(笑)」とその道のりの長さを明かし、さらに監督も「田中さんに声を吹き込んでいただいたのは2016年のことです」と振り返る。

田中は「僕自身この作品に関われてすごくうれしかった。というのも、こんなに監督色が出ている作品ってない。大変な作業を1人でこなし、だからこそ宇治茶監督のやりたいことが100%、いや200%詰め込まれているんです!」と熱弁。安斎氏もすでに海外で評価されている本作について「お金をかけたCGアニメが主流になっている中で、僕たちは究極のアナログを目指していて。宇治茶監督が自宅のテーブルの上で動かして撮っているこのスタイルを僕は“1人ピクサー”って呼んでいます(笑)。3年かけて、3000枚描いて動かせる人間ってなかなかいない」と力を込めてアピールした。

最後に宇治茶は「この映画自体もたくさんの人に観ていただけたらうれしいですが、ゲキメーションっていう手法も残していきたい。いろんな人に作ってもらえれば」と挨拶。また「悪役も演じてもらいたい」と構想中の次回作で田中をキャストに指名する場面もあり、田中も「よろしければぜひ!」と応えて2人は再タッグを約束していた。

「バイオレンス・ボイジャー」は、5月24日(金)より東京のシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー。田中のほか、悠木碧、サバンナ高橋、田口トモロヲらが声のキャストとして参加し、松本人志がナレーションを務めている。

(c)吉本興業