Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“車椅子生活のフリ”から始まる恋描くフランス映画「パリ、嘘つきな恋」公開

ナタリー

18/12/18(火) 15:00

本国フランスで動員200万人を突破した「パリ、嘘つきな恋」が、5月24日に公開される。

本作は、イケメンで裕福なモテ男だが、女性に一時的な関係しか求めない軽薄な人間だったジョスランを主人公とするラブストーリー。劇中では、亡くなった母の家を訪ね、部屋に残された車椅子に座っていたジョスランが、偶然その場にやって来た美女ジュリーと遭遇する。そして彼女の気を引くために「自分は車椅子生活を送っている」と嘘をついてしまったジョスランは、ジュリーの姉・フローレンスと知り合う。事故に遭い車椅子生活を送りながらもバイオリニストや車椅子テニスプレイヤーとして活躍するフローレンスと、彼女に惹かれつつ自分の嘘を引きずるジョスランの関係がつづられていく。

監督・脚本・主演を兼任したのは、本作で監督デビューを果たしたフランスのコメディアン、フランク・デュボスク。彼は自ら演じるジョスランというキャラクターを通して「愛を持って相手を見れば、差異に対する偏見は消える」と伝えたかったと明かしている。そして「Ricky リッキー」のアレクサンドラ・ラミーがフローレンスを演じた。

「パリ、嘘つきな恋」は東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

(c)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

アプリで読む