Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「みんなのベストです」ストレイテナー、ベスト盤開票イベントで秘蔵エピソード語る

ナタリー

18/8/25(土) 23:20

本日8月25日、ストレイテナーが東京・恵比寿ザ・ガーデンルームにてベストアルバム(タイトル未定)の収録曲開票イベントを行った。

10月17日にリリースされるベストアルバムにはファン投票によって選ばれた上位25曲のほか、メンバー選曲の4曲、現在放送中のテレビアニメ「アンゴルモア元寇合戦記」のオープニングテーマ「Braver」の計30曲が2枚に分けて収録される。イベントでメンバーはランキング結果をもとに、着席形式のライブとトークを展開。4人は事前にセットリストを決めることなくライブに挑み、集まったファンを大いに楽しませた。またイベントの模様はLINE LIVEでも生中継され、1万人を超えるファンが投票結果を見届けた。

“天の声”の山口恵による熱のこもったアナウンスを受けて、メンバーはステージへ。ホリエアツシ(Vo, G, Piano)は開口一番に山口の声真似でオーディエンスを笑わせ、和やかな雰囲気でイベントをスタートさせた。ベスト盤に収められる新曲「Braver」のミュージックビデオのフルバージョンが上映されたあと、早速100位から51位までの投票結果が明らかになる。その結果に客席がざわつく中、日向秀和(B)は自身の思い入れのある曲「KINGMAKER」の68位という結果に落胆。「あれだけ推したのに……!」と悔しそうな表情を見せた。その後4人は観客やLINE LIVEの視聴者からのリクエストを踏まえ、ランクインした楽曲の中から「Brand New everything」をプレイした。

演奏後はランキングに戻り、50位から21位までの楽曲が発表される。またも場内には大きなどよめきや悲鳴のような声が上がり、メンバーも時折その結果に「マジで!?」と驚いた様子を見せた。ナカヤマシンペイ(Dr)が「改めてストレイテナーっていっぱい曲あるね」と話すと、日向は「全曲披露ライブやってみる?」と提案。これにホリエは「途中でモノマネの人に代わってもいい?」と苦笑していた。このブロックからは2010年発表のアルバム「CREATURES」収録曲の「DONKEY BOOGIE DODO」がプレイされ、観客は思い思いに体を揺らして4人の演奏を楽しんだ。

25位から21位までの投票結果には、メンバーが「こんなに人気あるんだね」と驚いた「WHITE ROOM BLACK STAR」、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が好きな曲として公言する「TENDER」などがランクインした。ナカヤマがふと「着席形式で演奏するのって初めてなのに、すごい当たり前みたいな感じでここまでやってるよね(笑)。でも、これはこれで新鮮で楽しい」と話したあと、4人は23位の「泳ぐ鳥」を披露。日向のベースラインから演奏が始まると客席から歓声が上がり、場内の熱気がぐっと高まった。

20位から16位までの楽曲群を見たメンバーは「意外とライブでやってないシリーズ」とコメント。このブロックからの演奏曲は「シンデレラソング」に決まるが、ホリエは「俺の中でトップオブテンションが高い曲。さすがに(演奏が)止まるかもしれない」と不安そうに話す。途中で歌詞が飛んでしまうハプニングもあったものの、彼らは熱量たっぷりのパフォーマンスを届けた。15位から11位までのランキング結果に4人は「歌詞がグッとくる曲が入ってきてるね」と話す。また15位にランクインし、野外フェス「FUJI ROCK FESTIVAL '18」では最後に演奏された「AGAINST THE WALL」については「フジのお客さんじゃなくて、ここまで観に来てくれたストレイテナーのお客さんに届けたかった」というホリエの思いも語られた。

ホリエの「とっておきな曲で、当時は赤裸々に挫折感を歌ったメッセージソングって書いてなかった」という言葉から「AGAINST THE WALL」が演奏されたあと、いよいよベスト10の発表へ。メンバーはその結果に「ピアノ曲が多いのかな。エモい感じ」「真骨頂だね。ストレイテナーってやっぱりこういうイメージなのかな」と感想を語り合った。4位の「Melodic Storm」のMVがスクリーンに流れると、「すごい寒かったよね」と冬の海での過酷な撮影を振り返る。3位に選ばれたのは、中間発表では1位だった「彩雲」。4人はその結果に「ずっとやっててよかったね、この曲。けっこうグッとくる」と感激した様子を見せた。

2位には2016年4月に発表された「シーグラス」がランクイン。そして1位の楽曲「REMINDER」のタイトルがスクリーンに映し出されると、場内は温かい拍手に包まれた。メンバーが「なるほどね!」と話す中、ホリエは「マジで録り直したいんだよね、すごいぶっきらぼうに歌ってるから。当時、わざと声潰してレコーディング行ったりしてた」と語る。日向が「マジで? そんな美声なのに?」と聞くと、彼は「『美声カッコ悪い』って思ってたんだよね」と当時のエピソードを明かした。

すべての投票結果を振り返り、4人は「『シーグラス』みたいな新しい曲が2位に入ってて、ストレイテナーの“現在進行形”感があっていいよね。こうはいかないよ、普通。20年やってて」としみじみ語りだす。大山純(G)が「でもさ、本当にいい曲いっぱい書いたよね」とメンバーに語りかけると、ホリエは「2人時代の曲も、3人時代の曲も、今は4人の曲だよ」とひと言。エモーショナルな空気の中、日向がたまらず「ちょっとビール持ってきてください!」と叫ぶと場内は大きな笑い声に包まれた。

4人は最後に改めてベストアルバムをアピールする。ナカヤマは「『買ってくれ』としか言えない(笑)。ここまで参加して見届けてくれたんだからね」と観客に語りかけ、日向は「僕が何を選曲するのか注目です」と、「KINGMAKER」への思いをにじませつつコメントした。大山が「みんなが選んだ曲たちですから。僕たちも選びますけど、みんなのベストです。よろしくお願いします」と述べたあと、ホリエは「今日はありがとうございます!」と感謝を伝えて舞台を去った。

アンコールに応えて4人は再びステージへ。リラックスムードの中、彼らはホリエの「1曲だけどうしてもやりたい曲があって。フェスでしかやってないんで、純粋な状態で『Braver』をやりたいと思います」という言葉から最後に「Braver」をプレイ。壮大なバンドサウンドを場内いっぱい響かせてイベントを締めくくった。

ストレイテナー ベストアルバム楽曲投票結果

01. REMINDER
02. シーグラス
03. 彩雲
04. Melodic Storm
05. 冬の太陽
06. ROCKSTEADY
07. SIX DAY WONDER
08. Lightning
09. Farewell Dear Deadman
10. Toneless Twilight
11. DAY TO DAY
12. ネクサス
13. Ark
14. シンクロ
15. AGAINST THE WALL
16. TRAIN
17. シンデレラソング
18. SAD AND BEAUTIFUL WORLD
19. PLAY THE STAR GUITAR
20. KILLER TUNE
21. DISCOGRAPHY
22. 羊の群れは丘を登る
23. 泳ぐ鳥
24. WHITE ROOM BLACK STAR
25. TENDER

アプリで読む