Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

CUBERSが語る、メジャーデビューまでの軌跡とグループを支える個の強さ「5人合わせて500点」

リアルサウンド

19/5/8(水) 18:00

 CUBERSをご存知か。5人組ボーイズグループ、歌って踊って演技もこなす、マルチなエンタメを目指すパフォーマンス集団。「100円貰えちゃうCD」「楽曲が良くなかったら全額返金」「FC東京U-23応援隊」「全国キャンピングカーTOUR」など、楽し気な企画を次々繰り出すアイデアメン。結成4年目にして、ついにたどり着いたメジャーデビューに向けて用意されたのは、作詞作曲・つんく♂による超キャッチーなダンスチューン「メジャーボーイ」だ。素人同然だった5人はいかにしてアイドルグループとしてのスキルを身に着け、大きな夢舞台の切符を手にしたのか? キャラ出し全開、リアルサウンド初登場インタビューをご覧あれ。(※末吉9太郎はインフルエンザにより欠席)(宮本英夫)

みんなで話し合いながら先に進んでいった(TAKA) 

ーーFC東京サポなもので。CUBERSのことは3年くらい前から知っております。

綾介:ありがとうございます! 嬉しいです。

ーー味の素スタジアムにも来てくれたし、西が丘のピッチで歌ってくれたり。

綾介:そうですね。「TOKYO HERO」を歌わせていただきました。またやりたいですね。昨年も試合はたまに見に行ってるんですよ、メンバーで。ゴール裏の2階席で見てます。

ーー嬉しいなあ。これからもよろしく頼みますよ。という話をまずしたかった(笑)。ちなみに、今までで歌った中で、一番珍しい場所ってどこですか。

綾介:珍しい場所……どこだろう?

TAKA:俺、一個ある。

春斗:俺もある。

優:一緒じゃない?

TAKA:俺が言ってみていい? 茨城、土浦。

優:一緒だ(笑)。

綾介:お祭りに呼んでいただいて、やぐらの上で、360度囲まれながら歌ったんですよ。急に煙が出たから火事か!? とか思ったら、おじさんたちが下で発煙筒をぐるぐる回してた。

TAKA:本物のスモークだった(笑)。あんな場所で踊ったのは、人生で最初で最後じゃないですか。しかも、楽屋が公民館だったんですけど、おばちゃんたちが屋台のソーセージとか差し入れに来てくれて、ケータリングが屋台みたいな(笑)。あたたかみを感じた1日でした。

綾介:また呼んでいただきたいですね。

ーー振り返ると長かったですか。インディーズ生活の4年間は。

TAKA:今思い返すと、あっという間だったと思いますけど。

綾介:濃かったです。キャンピングカーで全国を回ったりとか、いろんなことをやりましたし、体感的には一瞬だったんですけど、思い返すといろんなことがありました。

TAKA:なんであっという間だと思うのかな? というと、たとえば結成した時に「2019年5月にメジャーデビューします」と決まっていたら、そこまでの道がすごく長く感じると思うんですけど、僕ら、やることすべてが新しくて、刺激的な毎日だったんで。その日をがむしゃらに頑張ることで精一杯で。

綾介:ある意味先が見えずに、もがきながらずっとやってきた4年間でした。

春斗:ほぼほぼ初心者の5人が、オーディションで集まったんで。毎日が勉強というか、何かを吸収しなきゃいけない日々を送っていて、だから濃く感じるんでしょうね。

優:最初の頃は、ほぼ他人から始まったようなものなので。

綾介:気を使い合いながらね。

春斗:しかも「アイドルになるために」と思って入ってきてない人もいるんで。アイドルとか、人前に立つ人というのは何をすればいい? というのか、左右がわかんないんですよ。常に勉強勉強という感じでした。

ーーなるほど。しかも、年齢差もちょっとあるでしょ。

綾介:そうです。一番上が春斗で、僕とTAKAと9太郎が三つ下で、優はさらに三つ下。

ーーじゃあ最初は「さん」付けとか。

春斗:最初はそうでしたね。

綾介:でも気づいたら優は、みんなのことを呼び捨てにしてました。あるラジオの時に「綾介が」って突然言って、「ん?」って(笑)。

TAKA:でも春斗くんだけは、最初から春斗くんだった。

春斗:もう「春斗くん」が僕の名前になってるんですよ。年上なのにめちゃめちゃいじられるし。関係性はフラットですね。

ーーそれ大事だと思います。

優:みんな個性がバラバラなので、価値観も違いますし、考えてることも全然違うんですよ。綾介だったらダンス、MCとかが個性だし、今日いない9太郎で言ったら、オネエみたいなキャラクターで、本人は違うと言ってますけど僕は疑ってます(笑)。でもそれで掴んでくれるし、「あの人面白そう」っていう役割を、彼自身もわかってると思いますし。みんながみんな、自分のキャラクターと自分にできることを、この4年間で掴んだ感じはしますね。

ーーそれぞれ、グループの中で自覚してる自分の役割ってあるんだろうか。

優:僕は、何でしょうね? わりと自由なんですけど、しゃべりたい時はたくさんしゃべるし、今じゃないなと思ったら黙って見てるし、という感じです。みんなと違う角度から何かを言う時が多いです。

春斗:基本は無口キャラですけど、お笑いについての知識があるんで、MCで面白いことを言ってドカーン! みたいな。無口と面白キャラのギャップがあります。

綾介:可愛がられてますね、みんなから。

ーーそんな春斗くんはどうだろう。資料には「持ち前のポンコツを発揮」って書いてあるけど(笑)。

春斗:え、書いてあるんですか? ひどい、これ。

綾介:天性のポンコツですね(笑)。これはもう確実に。

春斗:いや、別に俺自体は普通にしっかりしてるんですよ。しっかりしてるのにポンコツと言われるようになってしまいまして。特に自覚はないんですけど。

綾介:まず日本語がおかしいんですよ。さっきも「左右がわからない」とか言ってましたけど。

TAKA:そうそう「右も左もわからない」でしょ? たぶん伝わってるだろうから流したけど(笑)。

春斗:そうか、「右も左もわからない」か。何か違うなと思ったんですよ、自分でも。

TAKA:みんなが思ってたよ!(笑)。持ち前のポンコツを発揮してたね。

綾介:5分会話したら、そういうのが三つぐらい出てくる(笑)。でもそこは意識しないで、変わらずにいてほしいですね。

ーーTAKAくんは、何ですかね。

TAKA:僕は、ありがたいことに役者の仕事もさせてもらってるので、グループに還元できることは全部吸収して持って帰ろうと思ってます。CUBERSにいいものを還元できていれば、それが自分の役割に繋がってるのかな? と思って活動してますね。今は舞台でも、芝居もできてダンスも歌もうまい人がたくさんいるんですよ。そういうところで刺激をたくさんもらって、持って帰るのが自分の役目でもあるなと思ってます。

ーー頼もしい。綾介くんは?

綾介:僕は、CUBERSをやる前から自分が得意としてきたダンスというものを、振付とかでCUBERSに落とし込むことと……自分ではわりと何も考えずに自由にやってるんですけど、スタッフさんと仲良くしたりとか、ですかね。スタッフの打ち上げに、なぜか知らないけど僕一人だけ参加してることとかがあって。マネージャーさんも来ないのに(笑)。スタッフさんやイベンターさんと飲みに行ったりとか、個人的に誘われることがめちゃめちゃ多いです。

TAKA:知り合いが多いんですよ、綾介は。

綾介:上の人にずっと可愛がられてきたので、そういう方たちと仲良くするのが好きですし、得意かなとは思います。

ーーそんな5人が集まって、グループを組んで、最初に目指す形というものはあったんだろうか。

TAKA:いや、これを目指すというものはなかったです。結成当初はそれこそがむしゃらで、研修期間というプレ始動期間を設けてもらってようやくステージに立てたというぐらい、おぼつかない感じがあったんですけど。やっていくうちに目標が見えてきて、いい楽曲を作っていただいて、それをどう表現するか? とか、みんなで話し合いながら先に進んでいって、理想の形がやって見えてきましたね。

ーー語弊があったらごめんなさい。何も知らない子たちがアイドルとして育っていくのを楽しむゲームみたいな感じがあるのかな? と。自分たちにも、ファンにも。

TAKA:それはたぶんあると思います。当時から応援してくださってる方が、メジャーデビューということに関して「おめでとう」と言ってくださる気持ちには、特別なものがあるんじゃないかと思います。

目標は武道館で、夢は味の素スタジアム(綾介)

CUBERS Major Debut Single「メジャーボーイ」MUSIC VIDEO

ーーそして、やっと、メジャーで勝負する切符を手に入れた。

TAKA:まさに、切符を手に入れたということですね。試合開始はこれからです。

綾介:この切符でどこまで行けるか、僕ら次第なんで。メジャーデビューしても、それがゴールではないですし、スタッフさんは頑張っていただいてるんで、本当に僕ら次第だと思います。

ーーそれで、デビュー曲「メジャーボーイ」の作詞作曲がつんく。いきなり凄いことになってますけども。

TAKA:僕らが一番驚いてます。

綾介:サプライズだったんですよ。去年のクリスマスライブで、まずメジャーデビューがサプライズ発表されて、メンバーみんな「えー!」みたいになって。僕とか大号泣してる中で、「作詞作曲は……つんく!」ってドーンと出て、頭真っ白でした。喜びというよりは、驚きと涙と、いろんな感情があふれ出して。

優:情報量が多すぎて、消化できなかった。

ーーその時点で曲はあったの?

TAKA:なかったです。

綾介:作詞作曲がつんく♂さんということだけ決まって、曲は3月3日のインディーズ卒業ワンマンのリキッド後に聴きました。

ーーその「メジャーボーイ」、聴いた時の第一印象は。

優:仮歌が女性のようなエフェクトされた声で、その段階からいつもと違うなと思いました。つんく♂節があって、CUBERSが今までやってきたブラックミュージック要素を残しつつ、という曲だったので、個人的にすごく好きでした。

TAKA:第一印象は、おしゃれ、かっこいい。歌詞的にもメッセージ性が強くて、僕らに対するエールみたいなものが受け取れる歌詞なので、つんく♂さんに背中を押してもらってる感じがありますね。ここから胸張っていけるなという感じです。何より、タイトルのインパクトがすごいですね。

綾介:メジャーデビューで「メジャーボーイ」って、そのままやないかい! って(笑)。それがすごくキャッチーで、曲中にも何回も出てくるんですよ。歌詞じゃなくてコーラスで。

春斗:僕たちの曲で初めて、掛け合いがある曲なんですよ。みんなと一緒に楽しめる曲だなと思いましたね。

綾介:曲調がディスコ/ファンクなので、初めて聴くのに懐かしいような気がしました。僕はダンスをやっていたので、そういう曲がすごく好きで、僕の言い方で言うと「渋いな」という感じです。いいね! じゃなくて、いいじゃん? みたいな、音楽通の方が横揺れしながら盛り上がる感じというか、そういう印象を受けました。それでいて、いろんな層の方に聴いてもらえるキャッチーさがあると思いますし、聴けば聴くほど、沼にはまっていくんじゃないですか。いい意味でダサいというか、わかりやすさがありつつ、しっかりかっこよくてメロディもキャッチーで、構成がしっかりしてて、しかも作った人がつんく♂さん。自信作です。振付師も夏まゆみ先生なので、夢のタッグじゃないですか。

ーー大変ですよ。贅沢ですよ。

TAKA:夏先生には、マインド的な指導もたくさんしていただいて、いち表現者としてのあり方を教えていただきました。愛があるなと思いましたね。曲に対して、振付に対して、僕らに対して、関わったものすべてに愛がある、素晴らしい方に振付していただいたと思います。貴重な経験でした。

優:振付一個一個に意味があって、ちゃんと説明してくれるんです。振付自体はすごく難しいことではないんですけど、かっこよく見せるのが難しいというか。今回、夏先生がつんく♂さんからもらったテーマがあるんですけど、「踊らない、踊らせない」というか。

ーーん? というと?

優:あんまりガツガツ踊らないで、「乗る」という感じ。たとえば、ブルーノ・マーズみたいな。

綾介:「Uptown Funk」のミュージックビデオみたいな、ファンクの乗りですよね。ステップだけで見せるとか。内側のグルーヴィーな乗りを出してほしいから、振りはそんなに難しくないけど、一個一個の振りにしっかりとリズムを入れ込んでる。アウターで見せるよりも、インを見せるところで、たぶんみんな苦労したんじゃないかな。

優:大きく踊ってもダメだし、小さすぎても見えない。絶妙なポイントを探すというか。

TAKA:夏先生には「帰る時もグルーヴを出しながら歩いて帰りなさい」と言われました(笑)。

綾介:「ステップしながら駅まで歩いて」って(笑)。

TAKA:出そうと思って出すというよりも、内側からのものなので。いかにナチュラルに乗れるかが大事なんだと思いましたね。

ーーそれすごいなあ。トップの人は言うことが違う。

綾介:説得力が違いますね。同じことを言われたとしても、すごく親身になって言ってくださるので、愛情を感じます。

ーーカップリング2曲目「手を繋ごう」みたいな明るいポップな曲も。3曲目「Five Step」みたいな、サビかっこよくて歌詞面白い系の曲も。CUBERSはいろいろやれる。

TAKA:全部の曲にそれぞれの良さがあるんで、僕たち自身も楽しいです。まずは「メジャーボーイ」を大事にして、みなさんに聴いてもらいたいと思います。ありがたいことに、つんく♂さん、夏先生、たくさんのスタッフが動いてこの1曲ができあがったので、僕たちはそれを100%で届けなきゃいけないですね。今、「1万枚のポストカード配り」というのをやってるんですけど、そういうふうに人に知ってもらう努力も怠らず、「メジャーボーイ」に繋がったらいいなと思ってます。すごい環境をいただきましたけど、それだけじゃダメなんで、甘えることなく頑張っていきます。

春斗:アイドルというだけで聴いてくれない人もいるんですけど、やっぱり楽曲を押してるので、できるだけ聴いてほしいなと思って活動してます。

綾介:手段はいとわない。何でもします。

春斗:これだけのことをしてもらってますから。

ーー変わらないでほしいな。売れて、取材拒否とかしないでね。

綾介:そこは変わらないです(笑)。どんなに売れても味スタにはちゃんとサッカー見に行くんで。

ーーありがとう(笑)。嬉しいなあ。

綾介:味スタでワンマンライブができるようになりたいです。ライブのあとにいつも言ってるんですよ。「目標は武道館で、夢は味の素スタジアムです」って。3年前に、FC東京のファンの方が3万人4万人入った中で、ハーフタイムで場内一周させてもらった時に「すげえ!」と思って、ここでライブしたいなと思いましたね、この景色を見るために。ぜひ応援よろしくお願いします。

ーー最後に、真面目な質問で締めましょう。CUBERSが、数多い男性ダンス&ボーカルグループの中で頭一つ抜け出すために、何が必要だろうか?

TAKA:個人の力じゃないですかね。素晴らしい環境を整えてくださっているので、あとは僕たち次第というか、おのおのの力を伸ばして、それをグループにいかに還元できるか? にかかってると思うので。それができれば、一皮むけたCUBERSをお届けできると思いますし、それに尽きるのかなと思います。夏先生に言っていただいた言葉があるんですよ。「一人一人がソロデビューできるぐらいの表現力を身につけなさい」って。

春斗:「5人で100点ではない」と言われました。

綾介:それだと一人20点で良くなっちゃうから、一人100点で、5人合わせて500点。一人で出て行っても成り立つくらいの存在になったら、すごい爆発が起きると言われました。

TAKA:そういう存在になれるように、頑張っていきたいと思います。

(取材・文=宮本英夫/写真=三橋優美子)

■リリース情報
『メジャーボーイ』
発売:2019年5月8日
【初回限定盤】¥2,000(税込)
<CD収録内容>
01. メジャーボーイ (としまえん2019年春の公式テーマソング)
02. 手を繋ごう
03. Five Step

<DVD 収録内容>
「メジャーボーイ」Music Video
「メジャーボーイ」Music Video メイキング映像
「CUBERSの!全国キャンピングカーTOUR」ドキュメンタリー映像

【通常盤】¥1,200(税込)
<CD収録内容>
01. メジャーボーイ (としまえん2019年春の公式テーマソング)
02. 手を繋ごう
03. Five Step

■ツアー情報
『CUBERS 初の東名阪TOUR
〜SUMMER of MAJOR BOY〜』  
名古屋公演
日程:7月7日(日) 開場:16:30 / 開演:17:00
会場:HeartLand
詳細
 大阪公演
日程:7月20日(土) 開場:17:30 / 開演:18:00
会場:LIVE HOUSE Pangea
詳細

『CUBERS 初の東名阪TOUR
〜SPECIAL SUMMER of MAJOR BOY〜』
東京公演
日程:7月28日(日) 開場:16:00 / 開演:17:00
会場:WWW X
詳細

オフィシャルサイト

アプリで読む