Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

SHE'S。(撮影:Masonori Fujikawa)

SHE'S、初心に帰ったツアーファイナルで観客と声ひとつに「永遠に輝くような思い出を」

ナタリー

18/11/30(金) 13:56

SHE'Sが昨日11月29日に東京・渋谷CLUB QUATTROで全国ライブハウスツアー「SHE'S Autumn Tour 2018 “The One”」の最終公演を行った。

8月8日に3rdシングル「歓びの陽」、11月14日に4thシングル「The Everglow」をリリースしたのち、福岡、広島、北海道、愛知、大阪、宮城の6カ所を回ってきたSHE'S。彼らは今回のツアーを締めくくる会場として、2016年3月にメジャーデビューを発表した渋谷CLUB QUATTROを選んだ。観客の拍手に迎えられてステージに登場した井上竜馬(Vo, Key)、服部栞汰(G)、広瀬臣吾(B)、木村雅人(Dr)は、3rdシングル表題曲「歓びの陽」でライブを開始すると、「Un-science」「Freedom」「海岸の煌めき」を立て続けに披露。照明とリンクしたメリハリのあるドラマチックな演奏でオーディエンスを揺さぶっていく。MCで彼らは今回のツアータイトルの“The One”について、「初心に帰ろう」「ひとつになろう」という思いを込めたことを明かすと、ひとつになるためのコール&レスポンスを行い、場内に和やかな雰囲気を生み出す。SHE'Sは「グッド・ウェディング」でライブを再開し、「Come Back」「Upside Down」を続けて演奏。「Getting Mad」では井上もギターを持ってアグレッシブなサウンドを展開し、続く「Running Out」と合わせて観客を高揚させた。その後スポットライトに照らされた井上は仲間がいるのに孤独を感じてしまう、そんな弱い自分に宛てた曲だと言って「Monologue」を披露。その繊細な歌声を美しい鍵盤の音色に乗せて届けた。

ライブ中盤で4人はメジャーデビュー発表時の様子を和気あいあいと振り返る。井上が「あの瞬間はずっと覚えてんのやろなと思います。そんな瞬間をずっとずっと作っていきたい。ここから先はあなたの中にも永遠に輝くような思い出を作れたらと思います」と思いを語ったのち、彼らは4thシングル曲「The Everglow」を演奏。続けて4人は「Time To Dive」「C.K.C.S.」「Over You」といったナンバーを繰り広げ、会場を大いに盛り上げた。そしてSHE'Sは来年2月6日に3rdアルバム「Now & Then」をリリースすることを発表する。

ニューアルバムに込めた思いを語った井上が「今ここにいるすべての“あなた”と歩んで行きたい!」と叫ぶと、彼らは「遠くまで」を披露。ギターを手にした井上は「お互いにカッコいい人間を目指して、失敗したり、成功したりする毎日の先で、答え合わせをするような感覚でまたライブハウスに集まって一緒に歌えたら」と語り、「Curtain Call」でライブ本編を締めくくった。

アンコールに応えてステージに再び登場した4人はそれぞれ挨拶すると、「Voice」を熱演。井上は「みんながホッとできる場所がどんどん大きくなればいいなと思います。俺たちはここにいるからまた会いたいときに会いに来てください」とフロアに呼びかけると、ラストナンバーとして「Home」を届ける。観客と声をひとつにして場内に響かせたSHE'Sは、大きな拍手に包まれながらツアーに幕を下ろした。

SHE'S Autumn Tour 2018 “The One”
2018年11月29日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

01. 歓びの陽
02. Un-science
03. Freedom
04. 海岸の煌めき
05. グッド・ウェディング
06. Come Back
07. Upside Down
08. Getting Mad
09. Running Out
10. Monologue
11. 月は美しく
12. White
13. The Everglow
14. Time To Dive
15. C.K.C.S.
16. Over You
17. 遠くまで
18. Curtain Call
<アンコール>
19. Voice
20. Home